グーグル、独自のスマートウォッチを近く発表か

Lance Whitney (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 高森郁哉 (ガリレオ)2013年10月16日 10時37分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 検索大手のGoogleは、スマートウォッチ市場に参入する次の有力企業になるかもしれない。

 9to5Googleが米国時間10月14日、匿名の情報筋の話として伝えたところによると、Googleのスマートウォッチはほぼ完成したという。9to5Googleの情報筋が正しいと仮定すると、この新しい時計の中心には「Google Now」が中心に位置し、「Android」搭載スマートフォンと連携する可能性がある。

 Google Nowはユーザーのバーチャルパーソナルアシスタントとして機能し、ユーザーの質問に答えたり、ユーザーに関係する情報を表示したりする。スマートフォン上に表示されるのと同じ電子メール、予定、道案内などのデータは、将来的にスマートウォッチに送られるだろう。Googleはまた、この時計の仕様面で、バッテリ持続時間の延長とBluetooth 4.0サポートに取り組んでいると、9to5Googleは付け加えた。

 今回の最新情報に先立ち、Android PoliceのライターであるArtem Russakovskii氏は先ごろ、Googleがスマートウォッチ「Nexus」(開発コード名「Gem」)を10月31日に発表するとの噂を伝えていた。

Googleは、「Fitbit Force」「Pebble」「GALAXY Gear」(左から右)とユーザーの手首をめぐる競争に参入するのか?
Googleは、「Fitbit Force」「Pebble」「GALAXY Gear」(左から右)とユーザーの手首をめぐる競争に参入するのか?
提供:Sarah Tew/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加