カプコン、「モンスターハンター4」をダウンロード版含め300万本出荷

佐藤和也 (編集部)2013年10月15日 17時25分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 カプコンは10月15日、9月14日に発売したニンテンドー3DS用ソフト「モンスターハンター4」について、国内で300万本を出荷したことを発表した。この数字には、ダウンロードカードおよびニンテンドーeショップでのダウンロード版販売実績を含んでいる。

(C)CAPCOM CO., LTD. 2013 ALL RIGHTS RESERVED.
(C)CAPCOM CO., LTD. 2013 ALL RIGHTS RESERVED.

 「モンスターハンター」シリーズは、雄大な自然の中で巨大なモンスターに立ち向かうハンティングアクションゲーム。2004年に家庭用ゲームでの第1作を発売し、これまでにシリーズ累計販売本数が2600万本にものぼる。

 モンスターハンター4では、新たなモンスターや武器の登場に加え、シリーズ初となる高低差を活かした立体的なアクションや、インターネット通信によるマルチプレイへの対応などの新要素を搭載。発売4日後には200万本を出荷し、サードパーティのニンテンドー3DS用ソフトとしては国内最高の出荷本数となっていた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加