logo

グーグル、「Google Play」ストアを11月に刷新--タブレット用アプリを探しやすく

Josh Lowensohn (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)2013年10月12日 11時27分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは、「Google Play」ストアで11月に実施する変更の一環として、「Android」タブレットの所有者がタブレット専用アプリをもっと簡単に探せるようにする計画だ。

 Googleによると、米国時間11月21日以降、タブレットからGoogle Playストアをブラウジングすると「タブレット用アプリ」セクションが最初に表示されるという。有料人気アプリや無料人気アプリなどのような人気アプリのリストも改変され、どのアプリがタブレット用ではなくスマートフォン用として開発されているかを明示するようになる。

 今回の変更は、ソフトウェアが画面の大きいタブレットに対応している場合、開発者にサポートと説明を行わせることを目指すGoogleのもっと大がかりな取り組みの一環だ。こうした取り組みは5月から始まり、前述のタブレット用アプリセクションもその時に追加された。

 Googleは11日の投稿で、Google Playストアのトップページの変更計画を発表した。同社はその中で、タブレット用アプリケーションの要件を満たすようにアプリケーションを修正するために「時間を費やした」開発者は、結果的にダウンロード件数が増加したと指摘している。

GoogleのNexus 10タブレット
GoogleのNexus 10タブレット
提供:Google

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集