孫正義氏、“第3のモバイルOS”には「興味なし」

藤井涼 (編集部)2013年09月30日 18時55分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトバンク代表取締役社長の孫正義氏は9月30日、冬春モデル発表会において、いわゆる“第3のモバイルOS”を搭載した端末の導入について、後ろ向きな姿勢であることを明かした。日本では、NTTドコモが「Tizen」を、KDDIが「Firefox OS」を搭載した端末を販売する意向であることを表明している。

 これらのオープンソースのモバイルOSは、HTML5を利用したウェブアプリが動作するのが特徴で、ネイティブアプリの開発経験がなくてもサービスを提供できると言われている。また、通信キャリアやメーカーは、iOSやAndroidのようにプラットフォーム事業者を介さずに、直接ユーザーにサービスを提供できることがメリットとされている。

 第3のモバイルOSについて孫氏は「あまり興味なし」と即答。その理由については「実際は少しくらいは扱うかもしれないが、今のところそれらが主流になるとはとても思えない。ただし、他社には他社の思惑があるだろうから、その考えを批判するつもりはない」と説明した。


ソフトバンク代表取締役社長の孫正義氏
  • このエントリーをはてなブックマークに追加