logo

Facebook、広告表示アルゴリズムを調整--ユーザーからのフィードバックをより重視

Jennifer Van Grove (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 福岡洋一 (ガリレオ)2013年09月28日 11時24分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Facebookは人の気持ちをくみ取れるだろうか。同社は米国時間9月27日、News Feedに流れる広告のアルゴリズムを調整したと発表した。これにより、ユーザーが好むと思われるスポンサー付きコンテンツが表示されやすく、ユーザーが好まないコンテンツが表示されにくくなるという。

 FacebookでNews Feed広告担当技術マネージャーを務めるHong Ge氏は、この変更に関する同日のリリースで次のように述べている。「どの広告をどのグループのユーザーに表示するかを決める際に、広告に関してユーザーから得られるフィードバックをこれまで以上に重視することにした。このフィードバックには、ユーザーが広告について報告した回数や、広告を非表示にした回数も含まれる」

 つまりFacebookは、ユーザーが日常的な活動の中で提供するフィードバックに、もう少し耳を傾けることを約束している。同社は、ユーザーのNews Feedにどの広告を挿入するかを判断する際に、ユーザーのクリック、「いいね」、コメント、シェアを考慮する。また、ユーザーが広告を非表示にしたことにも注意を向けるという。この変更が同社の説明通りに実施されるなら、報告を送ってもやはり好ましくない広告が自分のフィードに表示されてしまうというFacebookユーザーにとっては歓迎すべきニュースとなるはずだ。

 Facebookでは、広告の質だけでなく広告が表示されるタイミングも改善されることを期待している、とGe氏は述べている。


提供:Matt Harnack/Facebook

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集