HTC、保有していたBeats Electronics株をすべて売却へ

Don Reisinger (Special to CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 福岡洋一 (ガリレオ)2013年09月28日 10時29分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Beats Electronicsが再び完全な独立企業になる。

 台湾を拠点とするHTCは現地時間9月27日、同社がなおも約25%保有していたBeats Electronicsの株式を2億6500万ドルで売り戻すと発表した。これより前にHTCは、2011年に取得した約50.1%のBeats株式のうち半分を1億5000万ドルで売り戻している

 状況は2年前と大きく異なっているようだ。2011年にHTCがBeats株式を取得したのは、ラッパーのDr. Dre氏と音楽界の大物Jimmy Iovine氏が共同で設立したBeatsのオーディオ技術を自社製品に組み込むためだった。計画は実行されたが、この連携は双方にとってあまり喜ばしいものではなかったようだ。そのため、Beatsは提携解消の道を探っているとのうわさが流れていた。実際、2013年8月には、Beatsが新しい提携先を見つけてHTCと縁を切ろうとしていることを示唆する報道があった。

 両社が提携した2011年の時点では、双方が売り上げの拡大に大きな期待を抱いていた。実際、この提携によってHTCは5億ドルの利益を得たといううわさもある。だが、HTCのスマートフォン製品の売れ行きが鈍り、Beatsとの提携が売り上げの拡大にほとんど貢献しなくなったことから、両社が関係を解消する必要があるのは明らかだった。ついにそれが現実となったのだ。

 HTCは、2013年末までに株式の売却を完了する予定だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加