logo

アイ・オー、挑戦者ブランドのNAS「RockDisk Next」がDSD対応に

加納恵 (編集部)2013年10月01日 12時47分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「RockDisk Next」

 アイ・オー・データ機器は10月1日、直販サイト限定モデルのNAS「RockDisk Next」をバージョンアップすると発表した。DSDオーディオファイルのDLNA配信機能が実装される。

 RockDisk Nextは、同社の直販サイト「アイオープラザ」限定で、2012年11月から販売している「挑戦者」ブランドモデル。PCやスマートフォンなどからインターネットを介して、いつでもアクセスができる。

  • 1.5mm厚のアルミ筺体

 本体はアルミケース放熱によるファンレスで、1.5mm厚のアルミシャーシを採用。高速、低ノイズのインターフェース基板を使用するなど、高音質設計を施していることが特長だ。

 今回はその高音質設計部分をいかし、ファームウェアアップデートを実施することでDSD対応を実現。10月1日からベータ版のファームウェアを配布し、今秋には正式版をリリースする予定だ。すでにRockDisk Nextを使用しているユーザーもファームアップデートすることで、DSD対応へとバージョンアップされる。アップデートは無料。通常は自動アップデートになるが、ベータ版のみ手動でのアップデートが必要になる。

  • 下部にはゴム脚も装備

 DSD対応バージョンアップは、ソニーでAVアンプなどを手がける主幹技師金井隆氏とのコラボレーションにより実現したもの。金井氏自身がRockDisk Nextを試聴用機材として使用しており、DSD対応をリクエストしたことから、ファームアップデートに至った。金井氏は、ソニーストアで実施されたAVアンプの試聴イベントでも使用しており、RockDisk Nextを「高音質なNAS」と評価している。

  • HDD 2Tバイトモデル(直販サイト価格:1万5800円)
  • HDD 3Tバイトモデル(直販サイト価格:1万9800円)
  • SSD 120Gバイトモデル(直販サイト価格:1万9800円)
  • SSD 250Gバイトモデル(直販サイト価格:2万7800円)
  • キットモデル(直販サイト価格:7980円)
デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集