logo

「Twiggy Mac」の集い--初期開発メンバーの目前でよみがえったプロトタイプ - (page 2)

Dan Farber (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2013年09月28日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Manock氏は次のように語っている。「Steveは世界最高のデザインのために全身全霊を捧げていて、それは二度とない体験だった。最初にソニーやMercedesがいて、Appleもいつかはそこに並ぶのだとSteveは言っていた。その情熱が引き継がれているのを見るのは本当にうれしいものだ」

 Oyama氏は、Appleに生き続けているデザインの感性の一例を紹介した。「Macの縁を触ってみると、脇にざらざらした面がある。背面の電源スイッチを見つけやすくするためだ。Steveは改良する時間を与えてくれた」(Oyama氏)

提供:Dan Farber/CNET
Jerry Manock氏とTerry Oyama氏。
提供:Dan Farber/CNET

 展示されたTwiggy Macでは、回路基板に描かれた人間の絵「Mr. Macintosh」も披露された。ベルギー人の画家Jean-Michel Folon氏の手によるものだ。Andy Hertzfeld氏の著書「レボリューション・イン・ザ・バレー」によると、Mr. MacintoshはSteve Jobs氏の発案で、ソフトウェアにも埋め込まれる予定だったという。

 「1982年2月、Jobsはチームの何人かと話し合い、Mr. Macintoshを入れるべきだと決定した。Macintoshの1台1台に住み着いている謎の小人だ。思いもかけないときに、ときどき姿を見せては、ユーザーに向かってウィンクして消えていく。マニュアルでは、Mr. Macintoshの伝説について言及する。実在するのかどうか、誰にもわからなくなる」

 「メニューをプルダウンすると、1000回か2000回に1度くらいの頻度で、本来のコマンドの代わりに、メニューの壁にもたれかかったMr. Macintoshが現れる。手を振って、すぐまたいなくなる。また姿を見たいと思っても、思うとおりにはいかない」

提供:Dan Farber/CNET
ROMカード上に描かれたMr. Macintosh。
提供:Dan Farber/CNET

 Hertzfeld氏は、MacintoshのOSとユーザーインターフェースを手がけた中心的なメンバーの1人だが、Macの発表直後にAppleを去っている。そのため同氏は、Mr. Macintoshが本当にソフトウェアに実装されたかどうか知らなかった。

 Macintoshのアナログ部品を担当したRod Holt氏は、Appleに参加して間もないころのエピソードをいくつか紹介した。Holt氏はゲーム開発企業Atariでトップエンジニアを務めていたが、当時アルバイトとして同社で働いていたJobs氏は、自身が興したコンピュータ会社を手助けするようHolt氏を説得した。

 Jobs氏より21歳年長のHolt氏は、昼間Atariで働いてから、夜9時にはまたオフィスに戻っていたことを回想する。長髪で裸足の起業家のプロジェクトに付き合うためだ。「人が抱えている疑問を解くのは好きだったし、Steveはそれを山ほど抱えていた。Twiggy Macのディスクドライブは、コンピュータの将来を作り上げる道筋の中で解かねばならない、そうした問題の1つだった」(Holt氏)

提供:Dan Farber/CNET
Steve Wozniak氏とRod Holt氏。
提供:Dan Farber/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]