「iPhone 5s」、製造コストは16Gバイト版で199ドル--IHS調査

Don Reisinger (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2013年09月25日 07時55分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleの新型「iPhone」は製造コストが高いが、それでも同社は同端末によってかなりの利益を上げている。

 IHSがAll Things Digitalに提供したデータによると、Appleの16Gバイト版「iPhone 5s」の製造コストは199ドルであるという。64Gバイト版の製造コストは218ドル。IHSは、端末を分解した際にこの価格分析を実施した。IHSは、詳細について米国時間9月25日のレポートで説明する予定である。Appleは部品の組み立てに8ドル支払っており、それを差し引いた金額が部品コストであるとIHSは述べている。

 IHSは、iPhone 5s以外に「iPhone 5c」も分解調査し、同端末の製造コストが173~183ドルであることを発見したとも報じられている。同端末の組み立てコストは7ドルである。

 IHSによると、最もコストが高いのは両端末のディスプレイで、総コストのうちの41ドルを占めるという。

 それでも、Appleは両端末によってかなりの利益を上げている。Appleは、iPhone 5sを契約なしの場合で649~849ドル、iPhone 5cを契約なしで549~649ドルで販売している。

提供:Apple
提供:Apple

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加