使い捨てカード番号で安全に決済--ドコモ×VISA、プリペイド型決済サービス開始

坂本純子 (編集部) 松田真理 (マイカ)2013年09月17日 20時08分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモとビザ・ワールドワイド・ジャパンは9月17日、モバイルに特化したプリペイドカードサービス「ドコモ口座 Visaプリペイド」を9月18日に開始すると発表した。

一方のビザ・ワールドワイド・ジャパン 代表取締役の岡本和彦氏(左)とNTTドコモ常務執行役員 スマートライフビジネス本部長の阿佐美弘恭氏(右)
一方のビザ・ワールドワイド・ジャパン 代表取締役の岡本和彦氏(左)とNTTドコモ常務執行役員 スマートライフビジネス本部長の阿佐美弘恭氏(右)

 ドコモ口座 Visaプリペイドは、インターネット専用のバーチャルカード番号を発行し、事前審査なしで利用できるサービスだ。プラスチックのカードは発行されない。

 国内外のVISAに加盟するネットショッピングで利用でき、通常のクレジットカードと同じように発行されたカード番号を入力すると決済できる。通常のクレジットカードと異なるのは、カード番号を手軽に変えられることと、決済代金は、専用の「ドコモ口座」から即時引き落とされることだ。ドコモ口座の残高以上には使えないプリペイド型で、使い慣れない海外サイトの利用時などにも便利だ。

 ドコモ口座はすでに2011年からスタートしているサービスで、数十万規模の口座があるという。1回線につき1口座のみ所有でき、(1)コンビニから入金、(2)インターネットバンキングで入金、(3)他の利用者からの送金──の3つの方法で入金できる。ドコモ口座の利用限度額は50万円/月。

有効期間が10日間のみの「ワンタイムカード」。通常のクレジットカードと同様に、セキュリティコードなども発行される。
有効期間が10日間のみの「ワンタイムカード」。通常のクレジットカードと同様に、セキュリティコードなども発行される

 ドコモ口座 Visaプリペイドは、有効期間が10日間のみの「ワンタイムカード」が使える「ワンタイムプラン」と3年間利用できる「レギュラーカード」+ワンタイムカードが使える「定額パックプラン」の2種類がラインアップする。

画像のようにも見えるが、コピー&ペーストに対応
画像のようにも見えるが、コピー&ペーストに対応

 ドコモ口座への入金手数料は、両サービスともに無料。月額利用料はワンタイムプランが無料で、定額パックプランが210円だ。カード番号発行手数料はワンタイムプランが1回につき105円(12月末まで無料)で、定額パックプランは何度でも無料だ。

 なお、ドコモ口座 Visaプリペイドはブラウザベースで利用するため、NTTドコモが9月20日に発売予定のiPhone 5s/cにも対応する。ただし、利用明細などの送信先としてspモードメールが必要なことから、iPhoneではspモードメールが利用できる10月1日以降の対応となる。

東京オリンピック、キャッシュレスで“おもてなし”を

 NTTドコモ常務執行役員 スマートライフビジネス本部長の阿佐美弘恭氏は、「支払い手段は多様化が望まれている。ドコモ口座 Visaプリペイドは、それに対するひとつの取り組みと考えている。クレジットカード決済やDCMX、キャリア課金、いろいろあるが、ポストペイド型になっていた。今回はあえてプリペイドというジャンルにVISAとチャレンジする。2社の思いが合致した取り組み」と説明する。

 カード番号発行手数料については、「ポストペイドでなんでもOKと認識している人には必須なサービスではないかもしれない。しかし、コンビニに行けばたくさんのプリペイドカードがある。クレジットカードの利用が心配な人には付加価値のあるものだと思う。弊社としては一回105円は妥当な金額と思っている」(阿佐美氏)と説明した。

  • ドコモ口座Visaプリペイド4つのポイント

  • サービス利用の流れ

  • 料金プラン

 VISAと言えば日本ではクレジットカードの会社というイメージがあるが、VISAは金融機関らと提携し、クレジットカードのほかにも即時払いのデビットカード、前払いのプリペイドカードのさまざまな決済手段を提供している。

世界のクレジット/デビット・プリペイド決済比率
世界のクレジット/デビット・プリペイド決済比率

 世界のクレジットとデビット・プリペイドの決済比率は、2012年の総取扱高として57%がデビット・プリペイドで、クレジットは43%。決済件数は60%がデビット・プリペイドでクレジットは40%となっており、主流はデビット・プリペイドカードだという。国内におけるカード取引は14%で、他の主要国と比較するとまだ成長の余地があると見る。

 一方のビザ・ワールドワイド・ジャパン 代表取締役の岡本和彦氏は、「プリペイド決済も行われているが比率は小さい。これから大きく伸ばしていく。ビザは2020年の東京オリンピックの公式スポンサーの1社だが、夢がある。キャッシュレスのオリンピックにしたい。海外からキャッシュがなくてもおもてなしが受けられる。それを(日本の)おもてなしの一つとして考えている」と説明した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加