logo

ソニー、防滴&フック付きでアウトドアにも持ち歩けるBluetoothスピーカ

加納恵 (編集部)2013年09月10日 16時49分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「SRS-BTS50」

 ソニーは9月10日ファブリック素材を採用したBluetoothスピーカ「SRS-BTS50」を発表した。JIS IPX2相当の防滴性能を備え、アウトドアにも持ち歩ける。発売は10月19日。店頭想定価格は1万5000円前後になる。

 高さ70mm×幅175mm×奥行き65mmで、重量約400gのコンパクトボディに、5Wのパワーアンプにより駆動する、パッシブラジエーター搭載の2chスピーカを内蔵。「ノーマルモード」と「サラウンドモード」の2種類を用意し、本体を倒すとサラウンドモードに切り替わる仕組みだ。

 NFC機能も備え、対応のスマートフォンやタブレットとはワンタッチでの接続を実現。リチウムイオン内蔵バッテリを内蔵し、ワイヤレスで最大約10時間の連続再生ができる。

 ラインイン端子を備え、デジタルオーディオプレーヤーなどとの有線接続に対応するほか、ラインアウト端子も装備。Bluetooth非対応のオーディオ機器と組み合わせると、BTS50をBluetoothレシーバとして使用できる。

 対応するオーディオコーデックはSBCとAAC。ハンズフリー通話もできるほか、通話の開始時や充電残量、ペアリングモードの機能開始時などに音声で誘導する「ボイスフィードバック機能」も備える。音声は日本語、英語、フランス語に対応している。

 ボディカラーは、レッド、ブルー、ピンク、ホワイト、ブラックの5つ。サイドにはフックをつけることで、バックパックなどに吊り下げて持ち歩くこともできる。

  • スピーカを倒すとサラウンドモードに切り替わる

  • 本体丈夫には音量ボタンなどを装備

  • バックパックなどに吊り下げられるフック付き

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集