logo

パナソニック「4Kビエラ」を発表--4K60p入力、ハイブリッドキャストに対応

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「4K対応スマートビエラ TH-L65WT600」

 パナソニックは9月5日、65V型の大画面で4K高画質を楽しめるデジタルハイビジョン液晶テレビ「4K対応スマートビエラ TH-L65WT600」を、10月中旬に発売すると発表した。店頭想定価格は75万円前後。

 TH-L65WT600は、2013年4月発売の「スマートビエラ」の後継機。4K(3840×2160)表示に対応し、高画質技術「4Kフレームクリエーション」と「4Kファインリマスターエンジン」搭載により、残像を抑えた滑らかな動きの再現が可能であるという。

 DisplayPort 1.2a準拠により、PCと接続して、4K60pの映像再生や、ハイクオリティなゲームなどを楽しめる。4K60p映像信号入力に対応したHDMI 2.0にも準拠しており、将来予定されている4K放送やソフト再生に対応。NHKが9月2日に開始したハイブリットキャストサービスも利用可能だ。なお、パナソニックではすでに発売済みの「VT60/FT60」シリーズでもソフトウェアダウンロードにより、ハイブリッドキャストに順次対応していくとのことだ。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集