logo

ソニー、4K「BRAVIA」を拡充--アンダースピーカで大画面、省スペースに

加納恵 (編集部)2013年09月05日 10時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは9月5日、4K液晶テレビに、新ラインとなる「BRAVIA X8500A」シリーズを追加した。2.1chスピーカを内蔵し、好みのサラウンドシステムと組み合わせて楽しむこともできる。発売は10月19日。55V型の「KD-55X8500A」(店頭想定価格:67万円前後)と65V型の「KD-65X8500」(同:42万円前後)の2モデルを用意する。

  • 「KD-65X8500A」

 ソニーでは、4Kテレビとして84V型の「KD-84X9000」(価格:168万円)と、65V型の「KD-65X9200A」、55V型の「KD-55X9200A」の3モデルをラインアップ。いずれも画面の左右にスピーカを内蔵したサイドスピーカモデルになる。

  • 壁掛けにも対応。本体下には青く点灯するLEDを搭載

 X8500Aシリーズは、アンダースピーカを採用することで、横幅を抑えたモデル。2.1chバスレフ型スピーカを内蔵し、サラウンドシステムと組み合わせることで、好みの音を楽しめるとしている。

 クリアブラックパネルを採用し、アクティブシャッタ方式による3D再生もサポート。映像エンジン4K専用の「4K X-Reality PRO」を搭載することで、HD映像を超解像度処理した上で、4K映像にアップスケーリングできる。

  • 65V型で奥行き6.4mmのスリムボディを実現

 X9000/X9200Aシリーズ同様に「トリルミナスディスプレイ」を採用。海の色や人の肌などの中間色も豊かに再現できるとしている。パネルには1秒間60コマの映像を120コマにする「倍速駆動パネル」を使用し、残像感を低減。映像を上下に分割し、交互にバックライトを点滅させるバックライトオン/オフ技術「モーションフローXR240」を採用することで、4倍速相当のくっきりとした映像を再生する。

 サイズは高さ86.3(55V型は74.0)mm×幅147.8(55V型は125.9)mm×奥行き6.4(55V型は5.9)mmで、重量約37.5(55V型は26.8)kg(スタンド含まず)。

 アンダースピーカは、フロントスピーカだけでサラウンド再生をバーチャルに再現する「S-Forceフロントサラウンド3D」も採用。独自のデジタルアンプ「S-master」をテレビ用に最適化した「S-Masterデジタルアンプ」と合わせ、自然でクリアな音を再生する。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集