logo

パナソニック、天井に取り付けるワイヤレススピーカ「シーリングスピーカー」

加納恵 (編集部)2013年09月02日 17時46分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パナソニックは9月2日、照明器具のように天井に取り付けて使用するワイヤレススピーカ「SC-LT200/LT205」を発表した。設置には照明用の配線器具を利用し、電源もそこから供給される。発売は10月11日。店頭想定価格はSC-LT200が3万円前後、ワイヤレス送信機を付属したSC-LT205が3万5000円前後になる。

  • 「SC-LT200/LT205」

 両機種ともに直径440mm×厚さ38mmの円形で、照明器具のような形状。本体には右側2つ、左側2つの合計4つのスピーカユニットを内蔵し、4方向に配置することで音が部屋全体に広がる。また右側スピーカ同士、左側スピーカ同士をそれぞれ向かい合わせに配置することでお互いの振動を打ち消し合う「振動キャンセラー」を採用。階上や隣室への振動を抑制できる。

 Bluetoothに対応し、スマートフォンやタブレット内の音楽ファイルをワイヤレスで再生することが可能。LT200のみNFC対応のため、ワンタッチ接続も可能。Bluetooth対応のテレビであれば、テレビ音声をワイヤレスで本機から再生することもできる。

 LT205には、ワイヤレス送信機が付属する。テレビの音声をワイヤレス送信機経由で天井のスピーカへとBluetooth送信することが可能だ。

 両機種ともに現在使用しているシーリングライトやペンダント型の照明器具は、組み合わせて設置できる。一部照明器具本体裏面のスポンジ部分の外側寸法が直径44cmを超える場合、照明器具を取り付けた際に、照明器具のスポンジが本機と接触しない場合は専用の拡張アダプタ「SH-KLT200-W」(店頭想定価格:8000円前後)が必要になる。本体は付属リモコンから操作する。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集