logo

パナソニック、レッツノート秋冬モデル--最大約22時間駆動、14型液晶搭載「LX3」 - (page 2)

坂本純子 (編集部)2013年08月28日 19時17分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

低迷続くPC市場、レッツノートは「成長している」

コンセプトは「ビジネスをデスクから解き放て」。CMもそれをイメージしたものになっている
コンセプトは「ビジネスをデスクから解き放て」。CMもそれをイメージしたものになっている

 タブレット需要の伸びとともに低迷が続くPC市場。パナソニック ITプロダクツ事業部 事業部長の原田秀昭氏は、「レッツノートのセグメントは、法人が7割で個人が3割。ただし、個人もビジネス用途で使っている場合がほとんど。ノートPCが伸びない中で法人向けは引き続き成長している。コンシューマ向けは低価格化とスマートフォンの台頭で落ち込んでいるが、全体では事業成長している特殊なメーカー」と説明した。

松田翔太氏(左)とパナソニック ITプロダクツ事業部 事業部長の原田秀昭氏(右)
松田翔太氏(左)とパナソニック ITプロダクツ事業部 事業部長の原田秀昭氏(右)

 今回のレッツノートのコンセプトは、「ビジネスをデスクから解き放て」という。14インチながらも世界最軽量のため、「普段デスクで使っている方が外で使っても十分いける」(原田氏)。

 なお、これまでレッツノートではAX 3シリーズでフルHD(1920×1080ドット)液晶を採用してきたが、今回はHD+となっている。この理由について、「AX 3はタブレット形式で使えるので、動画を楽しむなどの使い方があるだろう。だが、今回はビジネス用途。解像度を上げても文字が読みにくくなったらよくないので、HD+を選択した」(パナソニック AVCネットワークス社 ITプロダクツ事業部 テクノロジーセンター 主任技師の安政馨氏)と説明した。

 また、レッツノートのCMキャラクターは、引き続き松田翔太氏が務める。「最軽量のレッツノートを、デスクで使い、外で使う。これまでの仕事のやりかたを改革できればと思っている。ビジネスマンをデスクから解き放て、という表現ができるのは松田翔太氏」(原田氏)とした。

松田翔太氏
松田翔太氏

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]