logo

パナソニック、レッツノート秋冬モデル--最大約22時間駆動、14型液晶搭載「LX3」

坂本純子 (編集部)2013年08月28日 19時17分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パナソニックは8月28日、モバイルノートPC「レッツノート」の2013年秋冬モデル「LX3/SX3/NX3」を9月13日より発売すると発表した。

注目は、14型HD+(1600×900)液晶を搭載した「LX3シリーズ」
注目は、14型HD+(1600×900)液晶を搭載した「LX3シリーズ」

 全モデルに第4世代インテル Core プロセッサを搭載したほか、SSDモデルのラインアップを強化した。いずれも神戸生産の日本製という。

 店頭向けの秋冬モデルでは新たに14型HD+(1600×900)液晶を搭載した「LX3シリーズ」(市場想定価格20万円~)が登場した。重さは約1.14kg(Interl Core i7搭載、光学式ドライブ非搭載、SSDモデル、Sサイズのバッテリパック装着時)~約1.395kg(Interl Core i7搭載、Blu-rayドライブ搭載、SSDモデル、Lサイズのバッテリパック装着時)。14型液晶を搭載した製品として世界最軽量という。サイズは幅333mm×奥行225.6mm×厚さ24.5mm。

 1台で十分な拡張性を持ち、VGAコネクタやHDMI出力端子、SDカードスロット、USB 3.0ポート×2、USB 2.0ポート×1、LANコネクタ、ウェブカメラなどを搭載している。

バッテリは、L、Sともに同寸法。Lは6セルで約22時間、Sは3セルで約11.5時間とししている
バッテリは、L、Sともに同寸法。Lは6セルで約22時間、Sは3セルで約11.5時間とししている

 光学ドライブは、非搭載ほかBlu-ray Discドライブ、スーパーマルチドライブが選べる。ストレージはSSDまたはHDDだ。バッテリ駆動時間は、Sバッテリパック+スーパーマルチモデルまたは光学ドライブ非搭載モデルが約11.5時間駆動。Lバッテリパック+Blu-ray Discドライブ搭載モデルが約22時間駆動となっている。

天板の裏側。新たに、平面部分にも波形状のリブ構造を開発し、面全体の強度をアップしたという
天板の裏側。新たに、平面部分にも波形状のリブ構造を開発し、面全体の強度をアップしたという

 SX3のCore i7モデルは、Sバッテリパック装着時で約15時間駆動。Lバッテリパック装着時で約30時間駆動。NX3/SX3のCore i5モデルは、Sバッテリパック装着時で約13時間駆動となっている。

 なお、直販サイトマイレッツ倶楽部では、全モデルにWindows 8 Pro 64bit版(Windows 7ダウングレードも可)を採用し、プレミアムエディションではSSD 512Gバイトモデルも選べるハイスペックモデルも用意する。LX3シリーズのプレミアムエディションは28万1500円~となっている。

 パナソニックでは法人向けソリューションメニューを強化し、Windows XPから新製品へデータ移行を代行する法人向けのソリューションメニューを展開するとしている。

  • LX3の天板

  • 角はやや丸みがある

  • キーボードのストロークは2mm

  • 正面には、電源スイッチ、無線切り替えスイッチ、オーディオ出力端子、マイク入力端子、各種インジケータとSDカードスロット

  • 左側面は、アダプタ、LANコネクタ、通気口、VGAコネクタ、HDMI出力端子、USB 3.0ポートがある

  • 右側面は、USB 2.0ポート、内蔵ドライブ(脱着不可)

  • LX3の裏面

デジタル製品

PCの記事一覧はこちら

-PR-企画特集