logo

東芝、「REGZA Z8X/J7/Z7」をハイブリッドキャスト対応へバージョンアップ

加納恵 (編集部)2013年08月21日 18時18分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東芝は8月21日、液晶テレビ「REGZA Z8X/J7/Z7」シリーズを、NHKが9月2日に開始する新放送サービスハイブリッドキャストにバージョンアップ対応すると発表した。

  • ハイブリッドキャストバージョンアップ画面

 ハイブリッドキャストは、放送と通信を連携させることで、番組を視聴しながらオンデマンド視聴に切り替えたり、ニュースや天気予報といった情報をリモコンのボタン一つで画面上に表示したりするサービスのこと。NHKでは同日、9月2日11時にサービスを開始すると発表している。

 東芝では、5月のZ8Xシリーズ発表時にハイブリッドキャストに対応することを明らかにしており、サービス開始に合わせてソフトウェアダウンロードを行うとしていた。今回新たに2012年10月から発売しているJ7/Z7シリーズについても、ハイブリッドキャスト対応を発表。放送波やサーバダウンロードによって本体をバージョンアップした後、機能を有効にすることでハイブリットキャストサービスが利用できる。これにより、東芝REGZAのハイブリットキャスト対応機は、3シリーズ全10モデルとなる。

 ダウンロード開始予定日は地上デジタル放送とサーバダウンロードが8月30日、BSデジタル放送が8月26日。東芝では民生用テレビとしてハイブリッドキャストに対応するのは、REGZAが業界初としている。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集