J-WAVE、放送連動型の音楽専門クラウドファンディングを開始

岩本有平 (編集部)2013年08月19日 14時28分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 FMラジオ局を運営するJ-WAVEは、放送連動型音楽専門クラウドファンディングサービス「J-CROWD MUSIC」を9月より開始することを明らかにした。現在ティザーサイトを公開している。

 J-CROWD MUSICは、アーティストとともにさまざまな音楽プロジェクトを立ち上げてウェブサイトに掲載。J-WAVEの放送内で、プロジェクトを紹介していく。

 プロジェクトに共感したリスナーは、J-CROWD MUSICのサイトを通じて、プロジェクトに対して数千円単位でお金を集めることができる。リスナーから集めた金額が事前に設定した目標額を越えるとプロジェクトが成立。CDなどの商品やライブなどのサービスを提供する。具体的には新人アーティストのCDデビューや、ミュージシャンの新たな活動、オリジナルライブイベントの開催といったプロジェクトを想定する。

 サービスはカード会社のクレディセゾンのほか、「イープラス」を手掛けるエンタテインメントプラス、クラウドファンディングシステムである「WESYM」を手掛けるドリーム・フォーが連携。プロジェクトには、カード決済のほか、クレディセゾンの永久不滅ポイント、Tポイント、楽天スーパーポイントの利用が可能。J-CROWD MUSICはJ-WAVEの手掛けるIDサービス「J-me」の会員IDのほか、FacebookやTwitterなどのアカウントでも利用できる。クレディゼゾンネット会員IDとの連携も検討中だという。

 J-CROWD MUSICはJ-WAVEを中心とする運営委員会で運営する。運営委員会には音楽プロデューサーの亀田誠治氏が参加。プロジェクトの方向性や音楽の品質管理を担当する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加