「Android」版「Google+」がアップデート--「Messenger」を廃止し「Hangouts」に一本化

Don Reisinger (CNET News) (Special to CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)2013年08月15日 10時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは米国時間8月14日、「Android」版「Google+」をアップデートしたと発表した。

 Googleのソフトウェア開発者であるVirgil Dobjanschi氏によると、新しいAndroid版Google+アプリには5つの新機能が加わったという。その中でも特に大きな変更は、同アプリケーションにおける「Messenger」のサポートを終了して「Hangouts」に一本化したと発表したことだ。Dobjanschi氏によると、HangoutsはAndroidや「iOS」、ウェブなど、プラットフォームの枠を越えて利用できるようになったため、Messengerをサポートする意味がないという。

 さらに、新しいGoogle+アプリケーションではアカウントやページを切り替えることができるほか、「Google Apps for Business」をフルサポートしている。ユーザーは「Google Drive」に保存した写真や動画も利用できる。またGoogleは、このアプリケーションに位置情報の共有機能も組み込んだ。

 Android版Google+の最新版は、「Google Play」で無料で入手できる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加