logo

スマホの情報を傍受するロンドンの「スマートなゴミ箱」、試験運用を中断

Rich Trenholm (CNET UK) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫2013年08月13日 13時26分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「スマートなゴミ箱」はお払い箱になった。シティ・オブ・ロンドン自治体は、Wi-Fi対応でデータを傍受するゴミ箱について、通行人の動きを記録するのを止めるよう求めた。

 LCD画面に広告を表示する12個のリサイクル「容器」は、誰かが通り過ぎるとその人の携帯電話の詳細情報を傍受し、その後の動きを追跡していた。だが、このゴミ箱について地元の自治体が英国政府の情報コミッショナー事務局に苦情を申し立てたため、この技術の試験運用は中断された。

 これらのゴミ箱は、Renew Londonという新興企業がロンドンのチープサイド地域一帯の通りに設置したものだ。英国のThe Independent紙によると、ゴミ箱には通行人のポケットに入っていた400万9676台もの端末の詳細が記録されていたという。

Renew Londonによると、スマートなゴミ箱は、通行人のスマートフォンから匿名化されたMACデータを収集していたという。
Renew Londonによると、スマートなゴミ箱は、通行人のスマートフォンから匿名化されたMACデータを収集していたという。
提供:Renew London

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集