logo

MS、「Xbox One」を開梱しながら紹介する動画を公開

Jeff Bakalar (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 福岡洋一 (ガリレオ)2013年08月09日 10時41分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは、論議の的になった「Xbox One」のデジタル著作権管理(DRM)や「オフライン利用制限」のポリシーを6月に撤回して以来、同機器および周辺のエコシステムの情報に関する透明性を推進しようと努めてきた。

 このアプローチは現在も続いており、MicrosoftはXbox Wireブログで、発売まで約3カ月となったXbox Oneを開梱してみせる動画を公開した。

 この動画には重要でない説明も多いので、筆者が最も意義深いと思った点だけ列挙しておこう。

  • 動画の中で開梱されているのはXbox Oneの「Day One Edition」だ。Day One用の特別なパッケージングで、独自のコントローラとアチーブメント(ゲームの実績)が同梱される。Day One Editionの小売販売は数量限定になる予定だ。
  • 新しい「Kinect」は、1080pの動画を撮影できるカメラ、4個のマイクによるマイクアレイ、(電子機器を制御する)IRブラスタ機能を備える。
  • Xbox Oneコントローラは有線モードに切り替えて、バッテリを使わずにMicro-USBで動作可能だ。同じケーブルを使用して、再充電可能バッテリを「Play & Charge Kit」で充電できる。
  • チャットの品質は、サンプリングレートが「Xbox 360」の3倍となっている。新しいヘッドセットは左右どちらの耳にも装着可能で、折り曲げたり回したりできるブームマイクを備える。ミュートと音量はコントローラから手を離すことなく操作できる。
  • HDMIケーブルが同梱される(ついに!)。
  • Xbox Oneはa/b/g/nの無線プロトコル、2.4GHzと5GHzのデュアルバンドをサポートする。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集