logo

シャープ、6インチモノクロ液晶「電子ノート」に後継モデル--A6ノート20冊分の容量に

坂本純子 (編集部)2013年07月25日 13時14分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シャープは7月25日、6インチのモノクロ液晶を搭載した「電子ノート」<WG-N20>を8月8日に発売すると発表した。市場想定価格は1万5000円前後。

「電子ノート」<WG-N20>。カラーは2色
「電子ノート」<WG-N20>。カラーは2色

 主にビジネスユーザー層をターゲットにした製品で、手書きのよさとデジタルの利便性を追求した製品だ。1月に発売した「WG-N10」の後継モデルとなる。

 本体に保存できるページ数は最大2000ページ分で従来の2倍に増えたほか、外出先などでも安心して使用できる画面ロック機能を搭載した。A6サイズのノート(48枚96ページの場合)なら約20冊分を保存できる。

 サイズは幅約111mm×奥行約155mmで、WG-N10と同じだ。6インチのディスプレイ(800×600ドット)はタッチパネルに対応する。メモリ液晶を搭載した省電力設計により、1回の充電で約30日間(ノートの記入40分、表示80分で約2時間の使用の場合)使用できる長電池寿命も特長の一つだ。Wi-Fiや赤外線といった機能はなく、シンプルなノート端末となっている。書いたノートは、microUSBケーブルを経由してBMP/JPEGの画像として書き出せる。

 ノートのフォーマットは、スケジュールや方眼などの内蔵フォーマットに加え、最近では、くまモンなどの人気キャラクターや顧客カードやアイデアメモの追加コンテンツを提供しており、無料でダウンロードできる。

 シャープによれば、WG-N10の発表当初は「値段が高い」「バックライトがないから暗そう」「タブレットでもできる」など否定的な意見が多く見られたという。タブレットの表面は滑りやすいガラスが多いのに対し、電子ノートの摩擦感のある文字の書き味や追従性のよさ、バッテリのもちのよさなどが評価され、「発売後から潮目が変わってきた」(シャープ デジタル情報家電事業本部 モバイルソリューション事業部 西宮健司氏)という。シンプルな“手書き”に特化した端末としてビジネスパーソンから支持されているという。

  • 電源やmicroUSBポートは下部にある

  • 紙に鉛筆で書いているような書き味と追従性の高さが特長

  • アクセサリも徐々に充実してきた

-PR-企画特集