「iOS 7」ベータ第3版がリリース--パフォーマンス向上やバグ修正など

Desiree Everts DeNunzio (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2013年07月09日 13時19分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは米国時間7月8日、「iOS 7」ベータ第3版を予定通りリリースした。第2版を開発者向けに公開してから、ちょうど2週間後だ。

 今回のリリースは、同社が2週間ごとにベータ版を公開する計画だとする当初の推測と合致する。

 新バージョンでは、一般的なパフォーマンス向上や、ベータ第2版で明らかになった複数の問題(「iCloud」「AirPlay」「Messages」に関する問題など)の修正が加えられている。

 ユーザーインターフェースにもいくつかの改良が加えられた。フォルダの透過性が増し、楽曲コントロールのデザインが変更されたほか、カレンダーではイベントのある日が分かるようになった。今回のアップデートではさらに「FaceTime」が強化され、「Siri」の音声も向上した。


提供:Apple

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加