スマホとの組み合わせに最適なキューブ型DLPプロジェクタ

加納恵 (編集部)2013年07月09日 11時07分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「INNOCUBE」

 ロア・インターナショナルは、キューブ型のモバイルDLPプロジェクタ「INNOCUBE(イノキューブ)」を発表した。MHL/HDMIポートを備え、スマートフォンと組み合わせて使用できる。直販サイトにて販売している。販売価格は3万7620円。

 サイズは高さ45mm×幅45mm×奥行46mmで、重量約129gのコンパクトボディ。投射距離は20~300cmで、200cmで60インチの投影が可能だ。明るさは35ANSIルーメン。解像度は640×480ピクセルとなる。

 高さを127~202mmで調整できる三脚のほか、HDMIケーブル、MHLケーブル、5~11ピン交換器、専用充電器、シリコンケースなどが付属する。電源には充電池を使用し、約4時間の充電で120分の使用が可能。キューブ型のため、簡単に天井にも投影できる。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加