FCC、グーグルの「ホワイトスペース」利用を可能にするデータベース計画を承認

Steven Musil (CNET News) 翻訳校正: 編集部2013年07月01日 12時25分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米連邦通信委員会(FCC)がGoogleの新たなデータベース運用計画を承認した。このデータベースは、ワイヤレスブロードバンドを提供するために利用免許が与えられていないテレビ放送周波数帯を使用し、多数のユーザー間で共有することを可能にするというもの。

 FCCから米国時間6月28日に同計画の承認を受けたGoogleは、同委員会による45日間のテスト段階を完了した新たな1社となった。Spectrum BridgeとTelcordiaが既に試験を完了したほか、Microsoftを含む10社が同様のデータベースに取り組んでいる。新たなデータベースは、使用中のテレビ放送周波数帯を追跡し、利用免許が与えられていない周波数帯域をワイヤレスブロードバンド機器が利用できるようにするもの。この帯域は、「ホワイトスペース」とも呼ばれる。

 Googleは3月、ホワイトスペースを利用して、南アフリカの地方の学校10校にワイヤレスブロードバンドを提供する試験プログラムを立ち上げたと発表していた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加