MSとTime Warner Cableが提携--「Xbox 360」で最大300局のTV番組が視聴可能に

Don Reisinger (Special to CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)2013年06月29日 10時38分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Time Warner CableとMicrosoftは、「Xbox 360」に多数のテレビチャンネルを提供する契約を米国で結んだ。

 Time Warner Cableは、「Xbox Live」でテレビ用のアプリケーションを今夏にリリースし、Xbox 360に最大300局のライブテレビチャンネルを提供する。このサービスは、現在Time Warner Cableの顧客で「Xbox Live Gold」を契約している人しか利用できない。

 Microsoftによると、Time Warner Cableから提供されるチャンネルとしては、AMC、Bravo、Comedy Central、CNNなどがあるという。このアプリケーションはMicrosoftの「Kinect」センサを通じて音声コントロール機能にも対応する。

 MicrosoftはXbox 360でエンターテインメント分野への攻勢を強めており、今後発売する「Xbox One」でも同じ方針を採りたい考えだ。同社は5月、放送中のテレビ番組の画面上にXboxのインターフェースを重ねる機能など、次世代のXbox Oneにおけるエンターテインメントに特化した機能をいくつか披露した。Xbox Oneでは、放送中のテレビ番組の視聴とゲームのプレイを瞬時に切り替えられるようになると、Microsoftは約束している。


この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加