logo

シャープ、HDDとBDを一体化させたオールインワン「AQUOS」

加納恵 (編集部)2013年06月27日 18時03分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シャープは6月27日、500GバイトのHDDとBDドライブを一体化した、液晶テレビ「AQUOS DR」シリーズを発表した。録る、見る、残すを1台にまとめたオールインワンスタイルを採用する。発売は7月26日。40V型の「LC-40DR9-B/-W」(店頭想定価格:16万円前後)と32V型の「LC-32DR9-B/-W」(同:13万円前後)をラインアップする。

  • 「AQUOS DR」シリーズ

 DRシリーズは、HDD、BDドライブ、スタンドまでを一体化したオールインワンモデル。BDドライブは本体中央下部に前面トレイ方式で搭載することで、ディスクの出し入れを簡単にした。

 500GバイトのHDDには、最長約524時間の番組録画が可能。USB HDDを接続しての外付けHDD録画にも対応する。地上、BS、110度CSデジタルチューナは2基搭載し、内蔵HDDと外付けHDDに2番組同時録画も実現する。

 録画済み番組は、再生中に、画面下に約5分または約2分30秒間隔で録画した番組のシーンを子画面で一覧表示する「見どころ」ボタンを設け、見たいシーンを簡単に検索できるほか、簡単にディスクへダビングできる「ダビング」ボタンも装備。視聴中の番組を一時停止させる「ちょっと待って」ボタンも備え、急な来客時などは番組視聴を一時停止して続きから視聴できる。

 一体型のスタンドは、画面を3度後方に傾斜させることで、省スペース設置と視聴のしやすさを両立させたデザインになっているとのこと。ボディカラーはブラックとホワイトの2色を用意する。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集