logo

「Android」搭載の新型ゲーム機「OUYA」が発売--一部オンラインストアで品切れに

Don Reisinger (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2013年06月26日 16時44分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Kickstarterで大きな成功を収めたオープンソースのゲーム機「OUYA」が、正式に一般発売された。一部のオンラインストアでは既に品切れとなっている。

 予定通り、99.99ドルのコンソールは米国時間6月25日、Best Buy、GameStop、Targetから発売された。この「Android」搭載コンソールはAmazonでも発売されたが、本稿執筆時点では品切れとなっている。

 OUYAは、発売予定の「Xbox One」や「PlayStation 4」などの競合機種ほど高性能ではない。しかし、NVIDIAの「Tegra 3」チップセットを搭載しているため、開発者がモバイル向けのタイトルをOUYAに移植しやすくなっている。OUYAによると、このコンソールでは170以上のゲームがダウンロード可能である上、ビルトインのソフトウェア開発キットによって、ハードウェアから直接、タイトルを作ったりテストしたりできるという。複数のストリーミングアプリ、例えば「Plex」「XBMC」「iHeartRadio」も利用可能だ。

 OUYAコンソールにはコントローラ1個が同梱されている。追加のコントローラは1個49.99ドルとなっている。


提供:Josh Miller/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集