マイクロソフト、「iOS」と「Android」スマホへの自社ゲーム提供に向けKLabと交渉か

Dara Kerr (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2013年06月25日 10時26分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftの「Xbox」およびPC向けゲームが2013年中にAppleの「iPhone」や「Android」デバイスでプレーできるようになるかもしれない。日本経済新聞が報じ、これを元にReutersも報じている。

 Reutersによると、Microsoftは自社ゲームを他のスマートフォンプラットフォームに提供するため、日本のモバイルゲームメーカーであるKLabとのライセンシング契約締結に取り組んでいるという。最初にリリースされるゲームの1つは「Age of the Empires」で、2013年中に「iOS」とAndroidスマートフォン向けに無料で提供される予定だという。

 Microsoftの「Windows Phone」は多くのXboxおよびPCゲームにアクセスできるが、iOSとAndroidはそれらのゲームのごく一部にしかアクセスできない。もし本当にライセンシング契約が交渉されているのなら、より多くのゲームがiPhoneやAndroidデバイスでプレーできるようになるかもしれない。


MicrosoftのWindows Phoneに提供されているXboxゲーム。このうち一部がiOSやAndroid向けに提供されるかもしれない。
提供:Screenshot by Dara Kerr/CNET)

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加