logo

読書時間や読んだページ数の記録も--iOS用電子書籍アプリ「楽天kobo」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 楽天koboは、koboイーブックストアで購入した電子書籍を読むためのアプリだ。利用するには、専用のアカウントが必要となる。また、FacebookやTwitterアカウントと連携すると、読書中の本の情報をSNSで共有できる。

 アプリ内からkoboイーブックストアへのリンクはないため、本を購入するときは、Safariなどのブラウザからkoboイーブックストアにアクセスする必要がある。koboイーブックストア自体は、特定の語句で検索しても日本語の本と英語の本が混在して表示されるなど、あまり良い使い勝手とは言えないが、この楽天koboアプリは使いやすい。ハイライトの共有やバッジなどの読書体験を楽しくしてくれる機能のほか、読書時間や読んだページ数などのアクティビティの記録もできるため、非常に快適に本を読むことができる。

  • 楽天koboのホーム画面。「ライブラリ」で所有する本の一覧を確認できる。「Reading Life」では友人や自分のアクティビティを確認できる

 ホーム画面から「ライブラリ」「すべて」を選ぶと、購入済みの本の一覧が表示される。プレビュー(試し読み)の本の場合、表紙の右下に星印が表示されている。読みたい本の表紙をタップすると、ダウンロードが開始され、本が開く(筆者はiPhone 5を使用しているが、この時、ときどきアプリが落ちてしまうことがあったが、再起動して本を開き直すと正常に動作した)。

 ページの中央あたりをタップすると、画面の上下にツールバーが表示される。アクティビティをFacebookに投稿しない場合は、画面右上の「F」アイコンをオフにしておこう。画面下部のツールバーにあるアイコンで、テーマを変更したりフォントサイズを変更したりできるほか、設定画面にも移動することができる。操作方法が分からない場合は、「?」をタップしてヘルプを参照しよう。

 設定画面で「Pulseを表示」をオンにすると、画面下部にピンク色のレーダーのようなアイコンが現れる。これがPulse(パルス)だ。時折、強く光るページがあるが、多くの人がハイライトしたりコメントしたりしているページであるという証拠だ。このPulseを通じて、読書をソーシャルに楽しむことができる。Facebookとも連携しているため、ハイライトした箇所をFacebookに投稿して、友人たちと本の内容を共有することも可能だ。

 「Reading Life」画面では、友人の読書アクティビティをフォローしたり、自分の読書の進捗状況を確認したり、アクティビティの種類によって獲得できるバッジを確認したりすることができる。読書データのページでは、ライブラリにある本の読書状況や、ライブラリ内のメディアの種類、シェアの状況などといった詳細情報まで確認できる。読書時間などの記録にこだわる人には、うれしい機能ではないだろうか。特に洋書では、楽天に買収される前からのkobo利用者によるハイライトやメモのシェアが多く公開されているので、ソーシャルリーディングをすぐに楽しめる。

  • ライブラリは、「すべて」「読書中」「読了」「プレビュー(試し読み)」「その他」に自動的に分類されている

  • 読書中にテキスト上を長押しすると、任意の箇所をハイライトできる。これは「共有」を選択すると表示されるメニュー。共有先を選択できる

  • 自分のアクティビティ一覧。日本語が少々おかしいのが難点だ

  • バッジ一覧。右上のアイコンをタップすると、バブル表示と整列表示を切り替えられる

  • 読書中の本に関するデータ。進捗や読書時間、読んだページなどを確認できる

  • ライブラリ内全体での読書の進捗状況。データを見ると、読書の励みになる

  • 設定画面。Pulseを見たい場合は、「Pulseを表示」をオンにしておく

>>楽天koboのダウンロードはこちらから

ビジネスアプリセンター

iPhoneの記事一覧はこちら

-PR-企画特集