ソニーモバイル、NFC対応のBluetoothヘッドセット3機種

加納恵 (編集部)2013年06月20日 13時07分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーモバイルコミュニケーションズは6月19日、Bluetoothを搭載したヘッドセット3モデル「SBH50/SBH20/MBH10」を発表した。NFCに対応し、対応機器とワンタッチで接続できる。発売は7月中旬になる。

 いずれもヘッドセットのマイクで拾った音声に含まれるヘッドホンからの音声を削減する「エコーキャンセル機能」、騒音を抑制することで、通話相手側に聞こえる騒音を低減する「ノイズリダクション機能」を備える。

  • 「SBH50」

 SBH50は、口径6mmのドライバユニットを搭載した密閉式インナーイヤーヘッドホンを付属。ステレオミニ端子付きで、手持ちのヘッドホンと接続することもできる。

  Android 2.0以降のスマートフォンと接続すれば、有機ELディスプレイ部に、発信者名や電話番号、再生中の楽曲タイトル、SMS、電子メールなどの内容を表示することも可能。FMチューナを内蔵し、単体のFMラジオとしても使用できる。

 サイズは高さ58mm×幅24mm×奥行き12mmで、重量約16.9g。リチウムイオン充電池を内蔵し、連続音楽再生最大約10時間の使用ができる。店頭想定価格は8000円前後。

  • 「SBH20」

 SBH20は、高さ33mm×幅33mm×奥行き12mmで、重量約12.5gの小型ボディを採用したヘッドセットだ。ブラック、ホワイトに加え、オレンジ、ピンクのカラーバリエーションをそろえ、女性層にもアピールする。

 ヘッドホンには口径9.2mmのドライバユニットを内蔵した密閉型インナーイヤータイプを採用。本体に合わせた4色のイヤーピースを装着する。リチウムイオン充電池を内蔵し、最大約6時間の連続音楽再生に対応する。店頭想定価格は5000円前後。

  • 「MBH10」

 MBH10は、スマートフォンやiPhoneでワイヤレス&ハンズフリー通話ができる片耳タイプのBluetoothヘッドセットだ。約9.4gと軽量で、耳にかけたまま通話操作が可能だ。リチウムイオン充電池を内蔵し、連続待ち受けは最大約360時間。連続通話でも最大約9時間の使用ができる。店頭想定価格は4000円前後。

 3機種すべてにUSB ACアダプタとマイクロUSBコードが付属し、コンセント、PC接続のどちらでも充電ができる。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加