logo

ソニー、iPhoneもウォークマンもつなげるシステムステレオ--Bluetooth対応も

加納恵 (編集部)2013年06月13日 14時54分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「CMT-SBT300W」

 ソニーは6月13日、iPhoneやウォークマンを接続できるマルチコネクト対応のシステムステレオ「CMT-SBT300W/SBT100」を発表した。Bluetoothによるワイヤレス接続も可能だ。発売は7月6日。店頭想定価格はSBT300が4万円前後、SBT100が3万円前後になる。

  • 「CMT-SBT100」

 両機種ともにCDプレーヤー、アンプ、FM/AMチューナを内蔵した本体部とスピーカの3ピース構成。本体前面にUSB端子を備え、iPhoneやスマートフォン、タブレットなどの接続を可能にしたほか、背面にWM-PORTを搭載しウォークマンとの連携にも対応する。ウォークマンには、専用スタンドも同梱する。

 Bluetoothによるワイヤレス再生が可能で、NFCによるタッチ接続も実現。オーディオコーデックはSBCに加え、apt-XとAACもサポートする。上位機となるSBT300WのみDLNAやAirPlayを使ったワイヤレス再生も可能だ。

 本体には圧縮音源の音を補完し、原音に近い音を再生する独自の「DSEE(Digital Sound Enhancement Engine)」を内蔵。SBT300Wには口径25mmドーム型トゥイータと120mmコーン型ウーファ、SBT100には40mmコーン型トゥイータと100mmコーン型ウーファを搭載した2ウェイバスレフ型スピーカを採用する。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集