Wikipediaを基点にウェブのさまざまな情報を検索できる「WikiMobile 2」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アプリ名:WikiMobile 2 百科事典(Ver.2.78)
金額:無料(2013年6月10日時点)
カテゴリ:書籍&文献
開発:Bonfire Media, Inc.
使用端末:Xperia arc SO-01C
おすすめ度:★★★★☆

 「WikiMobile 2」は、現在話題になっている事柄や身の回りのスポットなどの情報を、手軽に検索できるアプリだ。Wikipediaの情報を中心に、画像や動画の検索、ニュースやツイートなど、さまざまなソースごとの情報をタブで切り替えてすばやく検索できる。

  • ホーム画面。ちなみにアプリ名の後ろに「2」がつかない「WikiMobile」は日本語に非対応なので間違わないよう気をつけたい

 起動すると表示されるホーム画面では、一般的な検索ボックスに加えて、Wikipediaのページをランダムに表示する「ランダム」、いま話題になっているキーワードをランキング表示する「ポピュラー」、現在地の近くにあるスポットの情報をWikipedia上から探して表示する「私の近く」など、さまざまな切り口が用意されている。いきなりキーワード検索しなくても、タップだけで気軽に見られるので、時間つぶしにも最適だ。

 Wikipediaの情報ページでは、画面上部のタブを切り替えることで、同じキーワードを画像/動画検索したり、ニュースやツイートを検索できる。名前からしてWikipediaビューアの一種のように見える本アプリだが、単にWikipediaだけが見られる専用アプリというわけではなく、ウェブ上のあらゆるソースを網羅的に検索できる仕組みになっているというわけだ。

 「私の近く」の検索は、GPSを使う以外に、郵便番号を使うこともできるので、遠隔地であっても郵便番号さえ分かればその付近が検索できる。またユニークなのが、他の人が閲覧したページが時系列でどんどん流れてくる「最後の閲覧」で、たんなる人気ページとはひと味ちがう、未知のページとの出会いにつながりやすい。ツイート検索も含めて、競合アプリにはあまりない機能であり、差別化という意味で面白い。

 無料のアプリだが、149円のアドオンを購入しない状態では、検索の表示件数に制限があるほか、広告が表示される。またアプリの評価を督促する通知がかなり頻繁に表示されるので、無料のまま長期間使い続けるにはかなりの忍耐力が必要となる。使いはじめるにあたっては、実質的な有料アプリと考えておいたほうが、あとあと困らずに済みそうだ。個人的には、検索結果の表示件数がもう少し緩和されることを望みたい。

  • 「私の近く」をタップすると、GPSデータから取得した近隣の有名スポットが表示される。GPSデータの代わりに郵便番号を入力して近隣の情報を探すこともできる

  • スポットをタップするとWikipediaの情報ページが表示される。各セクションは折りたたまれた状態で表示される

  • 上段のタブを切り替えると画像や動画、ニュース、ツイートなどの検索結果が表示される。さまざまなカテゴリの情報をワンタップで参照できるのは便利だ

  • 人気ページを表示することも可能。今日/今週/今月と切り替えることもできるが、それぞれ10件ずつしか表示できないのがネック

  • 履歴表示に対応しており、過去に見たページをすばやく呼び出せる。なおお気に入りは機能として用意されていないようだ

  • 個人の履歴だけでなく、他の人が閲覧した履歴も表示できる。Wikipediaの参照履歴というわけではなく、本アプリの利用者に限定した履歴のようだ

>>「WikiMobile 2」のダウンロードはこちらから

ビジネスアプリセンター

Androidの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加