「iOS 7」と「OS X」のバナー、WWDC会場に登場

Josh Lowensohn (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 吉武稔夫 (ガリレオ) 編集部2013年06月08日 12時03分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleが次のメジャーバージョンアップとなる「iOS」と「OS X」を来週開催の「Worldwide Developers Conference(WWDC)」で披露する予定なのは明らかだと思うが、一応念のためにお伝えすると、両方のバナーが会場に登場した。

 MacStoriesが7日に報じたところによると、今回は非常にシンプルなミニマルデザインのバナーで、「Mac Pro」の筐体に使われている穴の空いたアルミを思わせる背景に、鮮やかな色使いで「7」という文字が描かれているだけだという。さらに、AppleはOS X用のバナーも設置したが、こちらも波のイラストの上に「X」という文字が描かれているだけだ。

WWDC会場に登場したiOS 7の新しいロゴ
WWDC会場に登場したiOS 7の新しいロゴ
提供:MacStories

 Appleは、新しくメジャーバージョンアップされたiOSや「iCloud」用にバナーを設置することが過去数年においてあったが、WWDCで公式発表を行うまで一部のバナーを見せないようにするのが普通だ。

 また、9to5Macはもっと分かりやすいバナーの写真をいくつか掲載している。これらのバナーは、WWDCの会場となるMoscone Center Westのエントラスに掲げられている。


提供:9to5Mac

 以下は、米CNETがこの2種類のバナーをもっと近くで撮影した写真だ。


提供:Josh Lowensohn/CNET

提供:Josh Lowensohn/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加