MS、「Xbox One」の中古ゲーム売買に関する規則やプライバシー設定など発表

Jay Greene (CNET News) 翻訳校正: 編集部2013年06月07日 11時16分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2013年中に発売予定の「Xbox One」を使用するゲーマーには、中古ゲームの売却に関して従来より制限の多い新規則が適用されることになる。

 Microsoftはゲームの小売業者への再販に関して、ゲームパブリッシャーが規則を定めることを認める予定だ。

 同社はXboxのニュースを扱うウェブサイト上に、「当社は、ゲームパブリッシャーがユーザーによる参加小売店でのゲーム売却を許可できるようにXbox Oneを設計した。Microsoftはこれらのゲームの譲渡を可能にすることに関して、小売業者やパブリッシャー、消費者からプラットフォーム料を徴収することはしない」と投稿した。

 それらのパブリッシャーは再販業者から料金を徴収できるようになるのか、ということには同社は言及していない。

 同社は、ゲーマーが友達とゲームを共有する行為にも制限を加えている。Microsoftによると、友達にゲームを譲渡しても料金を徴収されることはないという。しかし、ゲーマーは自分の友達リストに追加してから少なくとも30日以上が経過している相手としかゲームを共有することができない。そして、それぞれのゲームは1度しか譲渡できない。

 MicrosoftはXbox Oneのインターネットへの常時接続を求めてはいないが、ゲーマーはメインのコンソール上で、最大24時間までしかオフラインでゲームをプレーすることができない。ゲーマーが自分のゲームライブラリにアクセスする別のコンソールにログオンしている場合は、1時間しかオフラインでゲームをプレーできない。それらの制限時間に達すると、プレーヤーがウェブ接続を再確立するまで、オフラインゲームは無効になる。その状態でも、Xbox One所有者は同デバイスを使って、放送中のテレビの視聴やBlu-rayディスクおよび標準DVDの再生を行うことができる。

 Microsoftが5月にXbox Oneを発表して以来、接続とゲーム再販は、同デバイスに関して回答が得られていない2つの最大の問題だった。ゲーマーがディスクを合法的に入手したことを確認するために、MicrosoftはXbox Oneのウェブ接続機能を利用するのではないか、とゲーマーは心配していた。

 MicrosoftはXbox Oneのプライバシー設定についても、いくつかの詳細を明かした。同コンソールには、モーションセンサと音声認識機能を備える「Kinect」コントローラが同梱される。しかし、スピーカーとカメラが常にオンの状態のKinectは、プライバシーに不安を抱く一部のゲーマーを動揺させるかもしれない。MicrosoftがXboxニュースサイトで述べたところによると、同システムは「『Xbox On』(Xboxの電源を入れよ)という1つの音声命令を認識するためだけにオンの状態になっている」という。しかし、ゲーマーは好みに応じて、その機能を無効にすることもできる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加