logo

Wi-Fiの優先接続先を設定できる「公衆無線LANログイン - moopener」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アプリ名:公衆無線LANログイン - moopener(Ver.1.5.3)
金額:298円(2013年6月3日時点)
カテゴリ:通信
開発:NetVision
使用端末:Xperia arc SO-01C
おすすめ度:★★★★☆

 スマートフォンの普及とともに、ソーシャルメディアやクラウドなどさまざまサービスが成長している。その中でも特に利便性が高いサービスとして「公衆無線LAN」が挙げられる。そこで今回は、公衆無線LANサービスを快適に利用するためのアプリ「公衆無線LANログイン - moopener」を紹介しよう。

 公衆無線LANログインは、検出したアクセスポイントに対して、自動ログイン(優先度切り替え対応)するためのウィジェットアプリだ。スマートフォンでは、自宅に無線LANアクセスポイントが設置してあれば、外出先から戻った時点で自動的につながるため「こんなアプリは必要ないのでは?」と思うかもしれない。

  • アプリを起動すると、ウィジェットの設置の手順が確認できる

  • ウィジェットを設置したところ。「スパナ」部をタップすると設定画面が表示される

  • 設定画面からは、無線LANの設定ほか「公衆無線LANの設定」「優先順位の設定」などができる

 しかしこのアプリでは、たとえば「微弱な公衆無線LANの電波が玄関先に届いており優先的につながってしまう」といった状況において、「自宅に設置したアクセスポイントの電波を自動で優先接続する」ことが可能だ。公衆無線LANの電波が複数入る範囲にいる場合には、どの接続を優先するかを設定できる。

 公衆無線LAN接続の接続設定が標準搭載されていないスマートフォンでは役に立つであろう同アプリ。60日間無料で使える試用版も提供されているので、まずはこちらを試してみるといいだろう。

  • 「優先順位の設定」では、アンテナレベルによって接続先を切り替えられる

  • 公衆無線LANの接続先としてプリセットが用意されている。設定できるのは、「docomo Wi-Fi」や「Wi2 300」、「BBモバイルポイント」など10種類

>>「公衆無線LANログイン - moopener」のダウンロードはこちらから

ビジネスアプリセンター

Androidの記事一覧はこちら

-PR-企画特集