メールをタスクに振り分け--メール処理を効率化するiOSアプリ「Taskbox」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Boxer For Gmail, Outlook, Exchange, Yahoo, Hotmail, IMAP and iCloud Email
価格: 500円(2015年03月13日時点)
おすすめ度:

3.0

  • 開発:Bodkin Software Inc.
  • カテゴリ:仕事効率化

 Taskboxは、GmailおよびGoogle Appsに対応したメールアプリだ。メールアプリといっても、受信箱(Inbox)に受けたメールをスワイプでタスクに振り分けてInboxをゼロにし、メール処理を効率化するのがTaskboxの目的だ。タスクに振り分けられたメールのステータスは、Dashboard(ダッシュボード)の一覧で確認できる。似たコンセプトのアプリにMailboxがあり、操作性も似ている。どちらを選択するかは好みと、Google Appsを利用しているかどうかで判断するしかない。

  • メールのInbox(受信箱)。メールを左右いずれかにスワイプして処理する

 Taskboxでメールを受信したら、各メールのタイトルと3行または4行の本文を見て、タスクへ追加するか、アーカイブするか、あるいは削除するかを判断し、メールのタイトルを左または右にスワイプして処理する。右に短くスワイプするとタスクに追加、右に長くスワイプすると完了、左に短くスワイプするとアーカイブ、左に長くスワイプすると削除となる。必要なメールは右へ、不要なメールは左へ、と覚えると楽だ。

 タスクにしたメールには、優先順位、期日、担当者を割り当てることができる。メールに優先順位、期日、担当者を割り当てるには、メール本文を表示した状態で、画面右上にある「…」アイコンをタップする。「Priority(優先順位)」は5段階で設定できる。期日は、カレンダーの目的の日付をタップして選択する。担当者は、「ASSIGNEE(担当者)」に表示されている連絡先から選択するか、画面左下の人型のアイコンをタップして選択する。これにより、メーラーがそのままタスク管理ツールとなる。

 どのようなタスクがあるのか、全体を見渡すにはダッシュボードが便利だ。ダッシュボードでは、タスクとなっているメールが優先順位別に何通あるか、担当者として実行する必要のあるメールが何通あるかを一覧できる。数値をタップすると、メール一覧にジャンプする。各メールには、タグを付けて管理することもできる。

 Taskboxは、メールがそのままタスクになることが多い人にとって、とても便利なアプリだ。ただ、筆者の経験では、auの携帯電話に送ったメールの返信では、タイトルが文字化けしていた。本文は問題なかったが、絵文字が入ると文字化けする可能性が高い。その点だけ気を付けていればまったく問題はなく、非常に使い勝手のよいメーラーであり、タスク管理アプリだ。

  • メールをタスクにしたところ。画面左上のアイコンをタップするとサイドバーが表示される

  • サイドバーからタスク一覧やダッシュボードにアクセスする

  • タスクの優先順位、期日、担当者を設定できる

  • ダッシュボード。優先順位別、担当者別に、メールが何通あるかを一覧できる

  • 設定画面。Linkedinと連携させるとアイコンの写真が自動的に読み込まれる

  • 「Manage Teemplates」をタップすると、メールを素早く入力するための文章をあらかじめ登録しておくことができる

>>Taskboxのダウンロードはこちらから

ビジネスアプリセンター

iPhoneの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加