logo

グリー、“放送前”の人気番組がわかるアプリ「ランキン★TV」--東芝「TimeOn」を活用

加納恵 (編集部)2013年06月11日 11時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 グリーは6月11日、放送開始前の人気番組がわかるアプリ「ランキン★TV」の提供を開始する。ランキングを提供するデータベースに東芝の液晶テレビ「REGZA」で使用しているクラウドサービス「TimeOn」を採用する。iOS 5.0以上のiOS端末から利用でき、ダウンロードは無料だ。

  • 写真左からグリーの野村亮介氏、東芝の坪井創吾氏

 TimeOnは東芝が2012年の秋から、液晶テレビで採用しているネットワークサービスのこと。「タイムシフトマシン」機能で一時保管した番組の中からシーンを検索したり、ネットで話題のシーンを再生できるなどの機能を備える。サービスの一つとして、東芝の対応テレビなどに録画予約されたデータを集約した「予約ランキング」を提供。ランキン★TVでは、そのデータをベースにランキングを生成している。

 ランキングは、関東キー局7チャンネルに対応。毎朝プッシュ通知で送られてくるほか、現在放送中の番組ランキングと数時間後に放送予定の番組ランキングが見られる。放送開始前に人気番組を確認できることが特長だ。

  • 放送前の人気ランキングを表示できる

 グリーメディア事業本部ソーシャルメディア・エンターテインメントメディア部マネージャーの野村亮介氏は「今のテレビは何の番組が面白いか気づいてもらうことが必要。番組選びが楽になるようにしたかった」と、アプリ開発のきっかけを話す。「Twitterのツイート数からリアルタイムの人気番組を一覧にするアプリもあるが、その時気づいてもその番組は見られない。そうした見逃しをなくしたかった」(野村氏)と言う。

  • 好きな番組ジャンルの優先度をカスタマイズできる「こだわり設定」

 データを提供する東芝とグリーは、業界関係者が集うソーシャルテレビ推進会議を通じて知り合った。グリーでは、テレビ視聴アプリ「emocon」を提供しており「emoconアプリで得た知見で、違う展開をしたかった」(野村氏)。一方の東芝は「TimeOnをスタートすることで予約ランキングのデータ提供を視野に入れはじめていた」(東芝商品統括部プロダクト&ソーシャル・インターフェース部PSIF第一担当参事の坪井創吾氏)とし、両社のタイミングも合った。

  • 「見たい」ボタンを押すと、カレンダーに予定として登録される

 データはAPIで提供され、ランキングの更新は1分ごと。「従来こうしたデータを、外部に提供するには時間がかかっていたが、今回のランキング提供は開発者のがんばりもあり、以前よりもかなり早いペースで開発できた」と坪井氏は東芝側の変化を話す。

 「東芝でも、テレビに関連するアプリは提供しているが、いずれもハードをいかに便利に操作できるかがベースにあって、ランキン★TVのようなアプリは作っていなかった。使い勝手や仕掛けなどアプリにする際の落とし込みは、グリーの方にお願いした」(坪井氏)という。

 ランキン★TVでは、総合ランキングを見られるほか、ユーザーが、ドラマ、バラエティ、アニメなどジャンルを順位づけすることで、好みのランキングにカスタマイズできる「こだわり設定」も設ける。またランキングの番組名の横には「見たい」ボタンを設置し、ランキン★TV独自の指標も持つ。見たいボタンは、iPhoneの純正カレンダーに時間などが登録され、番組開始前に通知を受け取る役割も果たす。

 野村氏は「テレビを見る人すべてがターゲットだが、いわゆる月9やゴールデンタイムのバラエティを見ている20~30代の女性に楽しんで使ってほしい。目指したのは、もうちょっと自分に合った番組が発見できるアプリ」とターゲットを話す。「ランキング形式を採用したのは、見せ方としての正当性。ランキングを見ることで9位や10位にも自分が見たいと思う番組を見つけられるかもしれない」とする。

 「『知っていればこの番組を見たのに』と思うことは誰にでもあるはず。見たい番組に事前にリーチさせ、誘導することで面白いテレビ番組があることに気づいてもらいたい。今回のアプリはその解決策の一つ」と坪井氏は話す。

 現在関東キー局のみの対応になるが、今後は地方局での情報も取得していく予定。Android版のリリースも検討中としている。

-PR-企画特集