logo

レノボの2013年度決算、PC業界の低迷をよそに大幅増益

Lance Whitney (Special to CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 福岡洋一 (ガリレオ)2013年05月24日 11時06分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Lenovoは、PC販売の減少傾向に逆らう唯一のトップベンダーのようだ。

 香港を拠点とするLenovoは現地時間5月23日、記録的な内容の2013会計年度通期(3月31日締め)決算を報告した。通期の売上高は340億ドルで、前年比で15%増加した。利益は6億3500万ドルに達し、同34%増。PCの出荷台数は、業界全体で8.1%減少したのに対し、Lenovoは10.2%増となった。

 2013会計年度のLenovoの市場シェアは15.5%に達し、Hewlett-Packard(HP)から首位の座を奪う可能性も見えてきた。Gartnerが先ごろ公開した報告書によると、2013年1-3月期における世界最大のPCベンダーというタイトルをかけた争いで、LenovoとHPは「互角」だったという。

 Lenovoの第4四半期も好調だった。売上高は記録的な78億ドルに達し、利益は前年同期比で90%増加して1億2700万ドルになった。

 他のPCメーカーが苦戦する中で、なぜLenovoはこれほど好調なのだろうか?理由の1つはグローバル展開だ。

 Sanford C. BernsteinのアナリストであるAlberto Moel氏はBloombergの取材に対し、次のように述べている。「(Lenovoは)うまくやっている。勢いは極めて大きい。すべての場所でマージンを増やしており、欧州、中東、アフリカ地域に加え、北米でもPCが確実に伸びている」

 Lenovoはさらに、ディストリビューター各社を買収して世界各地へのリーチを強化している。

 Maybank Kim Eng SecuritiesのアナリストであるWarren Lau氏は、Reutersの取材に対し、次のように述べている。「(Lenovoは)ここ数年にわたって、ブラジル、欧州、日本などさまざまな地域で複数のディストリビューターを積極的に買収しており、基本的にこのことが流通を強化するとともに、市場シェアを拡大している」

 しかも、Lenovoは単なるPCベンダーではない。同社のタブレットとスマートフォンは需要が拡大しており、特に中国では通期のスマートフォン出荷台数が前年比で3.7倍に増加したという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集