logo

アップルの「WWDC」、基調講演は米国時間6月10日に--AllThingsD報道

Josh Lowensohn (CNET News) 翻訳校正: 編集部2013年05月24日 09時49分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleの「Worldwide Developers Conference」(WWDC)の基調講演は、1週間続く同カンファレンスの初日である米国時間6月10日に行われる予定だ。

 同基調講演の時期としては例年どおりで、それに続く1週間は、開発者向けのセッションで構成される。また、カリフォルニア州クパチーノのApple本社や、WWDC開催場所となるサンフランシスコのモスコーンセンターの別の会場で、イベントが開かれる。

 基調講演の開始時間については、AllThingsDが5月23日に報じている。

 Appleは、同イベントの動画をライブでストリーミングする計画をまだ発表していない。同社が前回、ライブストリーミングしたのは、2012年10月に開催した「iPad mini」と新しい「iMac」の発表イベントだったが、その1カ月前の「iPhone 5」と新しい「iPod」の発表イベントではこれを行わなかった。

 Appleは、2013年のWWDCで「iOS」と「OS X」の新バージョンを披露する予定だと述べている。WWDCにはおよそ5000人の開発者に加えて、報道陣とパートナー企業が参加する。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集