アマゾン、シアトルに巨大な新キャンパスを建設へ--設計企画書を公開

Dara Kerr (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2013年05月22日 15時31分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 テクノロジ企業の新社屋は、可能な限り斬新で、前衛的なものにするのが最近の流行になっている。そして新たに、Amazonもそうした時流に乗り出した。

 Amazonは米国時間5月21日、同社の新キャンパスになる可能性がある建造物の新たな図面を多数公開した。図面には、巨大な鏡張りの生態圏を模したドーム型の建物群と高層のオフィスビル1棟が並んだキャンパスが示されている。設計は建築事務所のNBBJが手掛けたもので、緑の空間や修景もふんだんに取り込まれている。


提供:NBBJ

 プロジェクトの企画書では、この設計の背景にある意図を「より自然に近い、公園のような環境の中で社員が働き、交流することができる、新たな環境を作り出すこと」だとしている。

 「植物が豊富にある環境にはよいことがたくさんあり、これらは典型的なオフィス環境では往々にして見つけられないものだ。この建物の形状は、視覚的に温室あるいはサンルームを連想させるものだが、人々にとっても快適な微気候での共生にふさわしい植物が選択される予定である」(同企画書)

 企画書によると、オフィス棟には社内食堂、ミーティング、ラウンジ用のスペースが備えられ、「世界各地の生態系を模した、さまざまな植物ゾーン」が設置されるという。同キャンパスの設計には、37階建てのオフィスタワー3棟で計330万平方フィート(約31万平方メートル)のオフィススペースが含まれる。3棟の巨大なドーム型建造物の高さは、80~95フィート(約24~29メートル)だ。

 Amazonは、以前からオフィスの拡張を計画してきた。同社は2012年10月、シアトルに新たなオフィススペースとして180万平方フィート(約17万平方メートル)の土地を11億6000万ドルで購入している。Amazonの新社屋の設計企画書は、シアトル市役所で21日午後に行われる設計審査委員会の会合で議論されることになっている。


提供:NBBJ

提供:NBBJ

提供:NBBJ

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加