シャープ、AQUOSブランドの4K液晶テレビ「UD1」--70V型を6月発売へ

加納恵 (編集部)2013年05月21日 17時56分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • AQUOSシリーズの4K液晶テレビ「UD1」シリーズ

 シャープは5月21日、液晶テレビ「AQUOS」シリーズに4Kテレビ「UD1」シリーズを追加した。70V型「LC-70UD1」(店頭想定価格:85万円前後)、60V型「LC-60UD1」(同:65万円前後)の2モデルを揃える。70V型は6月15日、60V型は8月10日に発売する。

  • 「4Kモスアイパネル」と「AQUOS 4K-Master Engine PRO」を採用する。写真右がUD1シリーズ

 シャープでは、2月に光クリエーション技術ICC(Integrated Cognitive Creation)を搭載した、60V型の4K液晶テレビ「ICC PURIOS(アイシーシー ピュリオス) LC-60HQ10」を発売。ICC PURIOSをホームシアター向けのプレミアムモデル、今回のUD1シリーズをAQUOSのフラッグシップモデルと棲み分けて、展開していく。

 UD1シリーズは、大画面テレビの普及のための課題として「画素の粗さ」「映り込み」「設置スペース」の3つに注力。画素の粗さは4Kの高解像度、映り込みは独自の4Kモスアイパネルの搭載、設置スペースは2.1chフロントサラウンドスピーカの採用により、それぞれ課題を解決しているという。

 液晶パネルは3840×2160ピクセルで、エッジ式のLEDバックライトを搭載。テレビコントラスト1000万対1を実現する。フルHD映像を4K解像度へとアップスケーリングさせる高精細化回路には「AQUOS 4K-Master Engine PRO」を新開発し搭載。これは2K映像を高画質化する「2Kデュアルコア高画質化回路」と2K映像を高精細画像に変換する「2K→4K高精細化回路」の2つから構成され、質感、立体感、臨場感を感じる映像を創りだすとしている。

  • 2.1chフロントサラウンドスピーカ

 2.1chフロントサラウンドスピーカは、中高域再生用のトゥイータとミッドレンジを前向きに配置。低音再生には、2つのウーファユニットを向かい合わせにすることで、不要な振動を互いに打ち消し低減させる「DuoBass」を搭載する。これらをボックス構造にしてテレビ画面下に配置することで、左右幅を抑えながら高音質再生を実現しているとのこと。これにより70V型ながら、2005年発売の57V型サイズとほぼ同等のスペースに設置できる。

  • 「かんたん4Kフォトフレーム」など、写真再生機能を内蔵。2Kテレビ(写真左)との画質比較

 4Kテレビの新たな用途提案として、デジタルカメラ写真の再生機能を強化した。本体サイドにSDカードスロットを備え、デジタルカメラからの写真の取り込みを容易にしたほか、ゲッティ イメージズ ジャパンとシャープが共同で選定した4K写真をプリインストールしており、4K写真の精細感、臨場感をすぐに体験できるとのこと。テレビ本体には400Mバイトのメモリも内蔵し、撮影した画像の取り込みにも対応。リモコンにはスライドショーボタンも装備している。

  • 「THX 4Kディスプレイ規格」の認証を取得

 サイズは高さ99.6cm×幅157.8cm×奥行き38.3cmで、重量約55.0kg(70V型、テーブルスタンド装着時。60V型のサイズと重量は現在未定)。地上デジタルチューナを3基、BS、110度CSデジタルチューナは2基搭載し、USB HDDと組み合わせての2番組同時録画にも対応する。

 70V型のみ、映画監督ジョージ・ルーカス氏の取り組みから生まれた「THX 4Kディスプレイ規格」の認証を取得しており、60V型についても認証テスト申請を行う予定だ。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加