logo

さまざまな機能を盛り込んだiOS用アウトラインエディタアプリ「Cotton Notes」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Cotton Notesは、テキストの入力のほか、写真、ファイル、マップ、手書きメモなどの添付機能を持ったアウトラインエディタだ。アウトラインエディタでありながら、タスク管理、レーティング、PDFおよびOfficeファイルの添付・閲覧、写真の撮影および読み込み、Evernoteのノート添付など、さまざまな機能が備わっている。プロジェクト単位で、メモ、タスク、参照ファイルをひとまとめにしておくことができるので、仕事中にあちこちに散らばったファイルをいちいち参照したりしなくてもよくなる。動作は非常に軽快で、日本語の入力も問題はない。マークダウン記法も利用できる。Dropboxを使用して、Cotton Notesがインストールされているすべてのデバイス間で、ノートを同期することができる。

  • ホーム画面。すべてのスレッドが一覧表示されている。現バージョンでは、下までスクロールしても一番上に一発で戻れないのが不便だ

 新しいスレッドを作成するには、「Home」というタイトルの右端にある「+」アイコンをタップする。スレッドを削除するには、スレッドタイトルを左にスワイプする。「Home」画面を少し下にスワイプすると、画面上部にツールバーが表示される。また、画面が一番下に来るまでスワイプすると、ツールバーの下に検索ボックスが表示され、画面下部には同期ボタンや設定ボタンが表示される。スケッチ、写真、スレッドのいずれかを素早く追加するには、「Quick Add」の右側にあるアイコンをタップする。

 各スレッドの左端にある「+/-」アイコンをタップして、スレッドを展開したり、折りたたんだりする。また、スレッドの右端の「?」をタップすると、そのスレッドのみの画面が表示される。このアイコンが小さいため、ときどき、別のスレッドをタップしてしまったり、思わぬ画面に飛んでしまったりするのが難点だ。

 タスクの場合は、各行の先頭に「○」印が付いているので、これをタップすると、タスクが完了したことになる。ノーマルテキストをタスクに変換するには、テキスト上にカーソルを置くと表示されるツールバーで、鉛筆のアイコンをタップし、チェックリストのアイコンをタップする。タスクに日付や優先順位を設定する場合は、同じツールバー上で「i」アイコンをタップし、「Has Date(期限あり)」をオンにして、必要な設定を行う。Cotton Notesで設定したタスクは、iOS標準のカレンダーに自動的に登録され、タスクを完了すると、カレンダーからも削除される。タスクにはアラームも設定できる。

  • ノートには、Evernoteのノートへのリンク、PDFなどのファイル、マップといった情報を添付できる

 ノートにファイルを添付する場合は、先に、添付するファイルをDropboxやメールアプリから、Cotton Notesで開いてファイルを読み込む必要がある。いったんファイルが読み込まれたら、テキスト入力中に表示されるツールバー上にあるクリップのアイコンをタップし、ファイルアイコンをタップすると、ファイルをノートに添付することができる。Evernoteのノートを添付する場合は、Evernoteのアイコンをタップすると表示されるノート一覧から、目的のノートを選択する。ただし、ノートブックは表示されないため、直近のノートでないと目的のノートを探すのは大変だ。

 高機能でありながら、全体的に発展途上のような印象を受けるCotton Notesだが、公式Twitterを見ると、ウェブ版への展開も予定されているようなので、今後のアップデートが楽しみだ。

  • 期限付きのタスクの例。画面中央に表示されているツールバーの黒地のアイコンは、白地のアイコンをタップすると表示/非表示を切り替えられる

  • 写真やスケッチなどを添付する場合は、クリップのアイコンをタップしてから、目的のアイコンをタップする

  • 「i」アイコンをタップすると表示される画面。タスクの設定と同じ画面に、レーティングや優先順位の設定メニューがある

  • 検索ボックス。タグ名も検索対象となるが、検索ボックスの右にあるタグアイコンをタップすると、タグで絞り込みができる

  • カレンダー画面。期限が設定されているタスクが表示される。ここに表示されているタスクは、iOS標準のカレンダーにも表示され、完了するとカレンダーから削除される

  • 設定画面。同期のオン/オフの切換、テーマ、フォント、フォントサイズの変更などのカスタマイズが可能

>>Cotton Notesのダウンロードはこちらから

ビジネスアプリセンター

iPhoneの記事一覧はこちら

-PR-企画特集