写真で見るライフログ製品--市場投入進むウェアラブルテクノロジ

James Martin (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2013年05月18日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 Jawboneは最近になって、「UP Platform」と呼ばれる「iOS」向けプラットフォームを発表している。「UP」は複数のアプリと連携してアドベンチャースポーツや運動に関するデータを一元管理することを目的としており、近日中にオープンAPIが利用可能になる。

 今のところ、ウェアラブルコンピューティングの市場は比較的広く開かれている。まだほとんど所有権の定まっていない空間の土地をめぐって新たなプラットフォームが競争を繰り広げる中、そうした競争に参加している企業はこれから起こるだろうことに向けて場所取りをしている。そして、ほぼすべてがウェアラブルコンピュータの市場は実際に有望だと考えている。
Scroll Right Scroll Left

 Jawboneは最近になって、「UP Platform」と呼ばれる「iOS」向けプラットフォームを発表している。「UP」は複数のアプリと連携してアドベンチャースポーツや運動に関するデータを一元管理することを目的としており、近日中にオープンAPIが利用可能になる。

 今のところ、ウェアラブルコンピューティングの市場は比較的広く開かれている。まだほとんど所有権の定まっていない空間の土地をめぐって新たなプラットフォームが競争を繰り広げる中、そうした競争に参加している企業はこれから起こるだろうことに向けて場所取りをしている。そして、ほぼすべてがウェアラブルコンピュータの市場は実際に有望だと考えている。

提供: Jawbone

  • このエントリーをはてなブックマークに追加