「Windows Phone」、世界スマートフォン市場で3位に躍進--2013年第1四半期

Lance Whitney (CNET News) 翻訳校正: 編集部2013年05月17日 11時26分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 市場調査会社IDCは米国時間5月16日、2013年第1四半期の世界市場におけるスマートフォン出荷台数で「Windows Phone」が「BlackBerry」から3位の座を奪ったと発表した。

 Windows Phoneの同四半期の出荷台数は700万台であり、市場シェアは3.2%となっている。この数字は、2012年の第1四半期における出荷台数300万台、市場シェア2%に比べると増加している。


提供:IDC

 一方BlackBerryは、2013年第1四半期にその存在感を低下させた。同四半期の出荷台数は前年同期の970万台から630万台に低下し、市場シェアも6.4%から2.9%に落ち込んでいる。

 IDCの調査によると、Windows PhoneはあらゆるOSのなかでも最大の躍進を遂げており、その快挙はNokiaの力によるところが大きいという。同四半期に出荷されたWindows Phoneの70%はNokia製品となっている。NokiaはMicrosoftと提携して以来、合計2030万台のWindows Phone搭載携帯電話を出荷してきている。その他のベンダーもWindows Phone端末を提供しているものの、主力製品であるAndroid搭載携帯電話の代替と位置付けている場合がほとんどである。

主にNokiaの貢献により、スマートフォン市場でWindows Phoneが第3位となった。
主にNokiaの貢献により、スマートフォン市場でWindows Phoneが第3位となった。
提供:CNET/ Andrew Hoyle

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したもので す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加