logo

JVC、最高600fpsのハイスピード撮影を実現--撮る楽しさを提案するビデオカメラ

加納恵 (編集部)2013年05月16日 11時58分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 JVCケンウッドは5月16日、JVCブランドから最高600fpsのハイスピード撮影ができるハイビジョンメモリームービー「GC-P100」を発表した。高度な撮影機能を内蔵し、映像にこだわるハイアマチュア層をターゲットに据える。発売は5月下旬を予定。店頭想定価格は13万円前後になる。

 右手でホールドするビデオカメラの撮影スタイルを継承しながら、3.0型のタッチ式液晶モニタは本体横開きではなく、デジタルカメラのように背面に配置することで、左サイドにある操作系統へのアクセスがしやすく、ブラインド操作ができるようにデザインされているとのこと。モニタはチルト機構を備え、モニタの裏側にバッテリやSDカードスロットが収納されている。これにより、三脚を取り付けたままでのバッテリ交換ができるといったメリットが得られる。

  • 「GC-P100」

  • 3.0型のタッチ式液晶パネルは本体背面に装備

  • 液晶モニタを開くとバッテリとSDカードが現われる

 撮像素子には1200万画素の1/2.3型裏面照射型CMOSセンサを採用。デジタルカメラ同等のセンササイズを用いることで、高感度撮影ができるとしている。手ブレ補正には複数の画像安定化技術を組み合わせたセンサシフトタイプの光学手振れ補正を搭載。暗い場所や手持ちでもきれいな撮影をサポートする。

 600fps(320×176ピクセル)から120fps(640×360ピクセル)まで、5つのハイスピード撮影に対応し、スピード設定用の専用ダイヤルも装備。ハイスピードからタイムラプスまで、自在に変更可能だ。

 AVCHDとMP4形式での動画撮影ができ、最大36Mbps/60pのフルHD記録を実現。これによりスロー再生時もブレの少ないスムーズな再生ができるほか、動画から連続9枚の静止画切り出しが可能。切り出した静止画は9枚連続でのフルサイズキャプチャもしくは9枚を1枚のインデックスとして表示できる。

 光学10倍、ダイナミック16倍、デジタル64倍のズームを搭載し、ズーム操作は上部に備えたシーソータイプのズームレバーから調整が可能。ズーム位置を記憶しておける「ズーム/ポジション・メモリー」を新搭載することで、撮影したい被写体のクローズアップがすぐに調整できるほか、同じ画角もタッチ操作で繰り返し再現可能だ。

 サイズは高さ76mm×幅110mm×奥行き183mmで、重量約575g(バッテリ含む)。屋外での撮影時に被写体を確認しやすい電子式のビューファインダと脱着式のモニタフードを付属。同梱バッテリを使用すれば、最大約2時間10分の連続撮影に対応する。

  • 動画から連続9枚の静止画切り出しができる

  • 専用のタイムコントロールボタンを装備

  • ズームレバーは操作しやすいように大きめのものを採用

-PR-企画特集