logo

「信長の野望」30周年記念の新作「創造」を発表--13作セットの全集も

佐藤和也 (編集部)2013年05月14日 19時09分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 コーエーテクモゲームスは5月14日、歴史シミュレーションゲームの新作「信長の野望・創造」を、PCならびにPS3向けに発売することを発表。また「信長の野望」シリーズ13作をセットにした全集の発売もあわせて発表した。

  • 「信長の野望・創造」メインビジュアル

 信長の野望は第1作目が1983年に発売され、今年で30周年を迎える歴史シミュレーションの人気シリーズ。信長の野望・創造は30周年記念作品として位置づけられたシリーズ最新作で、発売は年内を予定している。

 本作では新時代の創造をコンセプトに、織田信長が成し遂げられなかった天下布武、新しい世界の創造をプレイヤーが実現できる内容を目指している。さまざまな歴史イベントをクエスト形式で体験することができ、マップはフル3Dで城下町がリアルに変化。シリーズ最多となる300以上の城が用意され、ダイナミックな大合戦が体感できるとしている。また発売後も、地域や武将、勢力などをダウンロードコンテンツとして追加拡張することも予定している。

  • メインビジュアルイメージ

  • ゲームイメージ画像

    (C)コーエーテクモゲームス All rights reserved.

 コーエーテクモゲームス本社にて行われた新作発表会にて、シリーズのゼネラルプロデューサーを務めるシブサワ・コウ氏は、タイトルを付けた経緯について「織田信長は、創造と破壊を繰り返して新しい時代を切り開こうと、まっしぐらに駆け抜けていった武将です。その創造の面をクローズアップして、信長が何を考え、どうしたかったのか。プレーヤーも同じ気持ちなって采配をふるって新しい時代作りを楽しめるゲームシステムや内容にしたいという気持ちから付けました」と語った。

 また、本作のプロデューサーを務める小笠原賢一氏は、シリーズを手掛けるのが本作が初めてだが「信長の野望を作りたくて入社し、違うジャンルのものも含めてさまざまなゲームを20年間作ってきました。これまで蓄積した知識やノウハウの全てを注ぎ込みたい」と強い意気込みを示し、シブサワ氏も 「2人でしっかりとタッグを組んで作っていきます。リアリティととダイナミックとドラマティックという3つのキーワードを元にゲームシステムを組み立て上げているところですが、非常に手ごたえを感じています。期待してください」とアピールした。

  • 左から、トークセッションのMCを務めた歴史アイドルの美甘子さん、ゼネラルプロデューサーのシブサワ・コウ氏、プロデューサーの小笠原賢一氏

  • 発表会のトークセッションでは、初代「信長の野望」のパッケージや、当時の会社の写真が公開

  • ファッションデザイナーの山本寛斎氏とのコラボも発表。同氏がデザインした衣装がゲームに登場する

  • ピクチャーレーベルに彩られた13作のゲームディスクと、限定セットについてくる火縄銃のレプリカ

 シリーズ30周年事業として、Windows版「信長の野望」歴代タイトル全集(仮称)も発売することも発表。1983年に発売した「信長の野望」から、シリーズ13作目となる「信長の野望・天道」まで計13作品をピクチャーレーベルに収め、さらに歴代のサウンドトラックを収録した12枚組のCD、歴代のパッケージを集めた特製アートブックなどをセットにした内容。9月20日発売予定で、価格は3万1500円。なお同社のオンラインショッピングサイトでは、上記に加えて信長のシンボルである火縄銃のレプリカが付いた限定セットを5万2500円で発売する。

 このほか、クラシックコンサートの開催や菊正宗酒造による記念ラベルの販売、京都元本能寺跡にオープンする「信長茶寮」とのコラボ、各地で行われる戦国系のイベント参加など、さまざまな形で30周年事業を展開するとしている。

-PR-企画特集