logo

位置情報を自動的に記録するiOS用ログアプリ「Placeme」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Placemeは、位置情報を自動的に記録し、1日分の記録をEvernoteに自動的に保存できるログアプリだ。Foursquareなどの他の位置情報記録アプリでは、駅や目的地に着くたびに、自らの手でチェックインする必要があるが、意外に忘れやすい。また、後から時間を遡ってチェックインすることはできないため、Placemeのように自動的に位置情報を記録しておいてくれると、手間が省ける。Evernoteとの連携を有効にしておくと、記録が自動的にEvernoteに保存されるので、毎日の振り返りにも役立つ。

  • マップビュー。ピンをタップすると場所名が表示される。修正したい場合は鉛筆のアイコンをタップする

 Placemeで自動記録を行うには、iPhoneのGPSとWiFiの両方をオンにし、Placemeの「Settings(設定)」にある「Location Recording(位置情報の記録)」をオンにしておく必要がある。理想的には常時オンにしておきたいところだが、筆者が数日使用してみたところ、かなり電池を消耗するようなので、たとえば、オフィスを出る時にオンにし、オフィスに戻ったらオフにするというように、時間を限定して使用することをお勧めする。Evernoteに記録を保存する場合は、Evernoteメニューから、EvernoteにログインしてPlacemeとの連携を許可し、「Daily Sync」がオンになっている状態にしておく。あとは、持ち歩くだけだ。

 記録の表示形式には、「Map View(マップビュー)」と「Timeline View(タイムラインビュー)」の2種類がある。マップビューでは、地図上に置かれたピンを見て、任意の日の移動範囲や移動距離を把握することができる。ピンをタップし、鉛筆のアイコンをタップすると、場所を編集できる。自分が実際にいた場所ではない場所が記録されてしまっている場合や、まだ登録されたことのない場所の場合、自分で随時編集しておこう。タイムラインビューでは、記録された場所の一覧を時間の流れと共に確認できる。場所名をタップすると表示される「Visit Detail(訪問先の詳細)」画面で、その場所の訪問目的や会った人の情報など、詳しい内容をメモしておくと、後で読み返したときに便利だ。

 Placemeは、基本的には自分のための記録ツールという考えで作られており、記録された場所を自動的にSNSで共有したりすることはできないが、任意の場所を自ら選択して、TwitterやFacebookに投稿することはできる。情報が勝手に共有されないという点で、仕事にも使いやすい。ただし、自分では訪問先だと思っていた場所が記録されていないということもあるため、MovesやFoursquareなどと上手に組み合わせて使うといいだろう。

  • 場所の編集画面。場所名の候補が表示されるので、一覧から選択するか、一覧に名称がない場合は「+」をタップして詳細を入力して登録する

  • 場所の新規登録画面。未登録の場所は、自分で登録してしまおう

  • タイムラインビュー。時間の経過を見ながら移動履歴を確認できる

  • 記録された場所の詳細。画面左下のメモアイコンをタップすると、メモを入力できる

  • ヒートマップ。「My Places」画面で「H」アイコンをタップすると表示される。頻繁に訪問する場所は赤で、1~2回程度訪れたことのある場所は黄色から緑で表示される様子は面白い

>>Placemeのダウンロードはこちらから

ビジネスアプリセンター

iPhoneの記事一覧はこちら

-PR-企画特集