logo

「Twitter #music」レビュー--Twitterファンのための楽曲発見ツール - (page 2)

Jason Parker (CNET News) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子2013年05月09日 07時45分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なぜTwitter #musicなのか?

 では、Twitterはなぜこのアプリを開発したのだろうか?筆者は答えを持ち合わせていないものの、Twitterは音楽業界の分け前にあずかりたいとの思いから、新たな収益手段を作り上げようとしているのではないかと考えている。Twitter #musicは極めて直感的なインターフェースを実装した、素晴らしい見た目のアプリに仕上がっているとはいえ、(Spotifyの有料サービスのように)好きな楽曲を選択できるようにはなっていないし、(Pandoraのように)ラジオ局を開設できるようにもなっていないし、楽曲のプレイリストを作成できるようにもなっていない。実際にできることと言えば、Twitter上で話題になっている楽曲を見つけ出し、それについてシェアしたり、該当楽曲を購入するだけと言ってもよいだろう。

 間違いのないように明記しておくと、筆者はTwitter #musicがTwitterの世界における楽曲を見つけ出すための極めて優れたアプリであると考えている。しかし、その有用さはあなたがどれだけソーシャルネットワークに入れ込んでいるのかによって変わってくる。若年層や、Twitterのコアなユーザーであれば、どういった楽曲が流行しているのかを知ることに喜びを見出すかもしれないし、その他のアーティストとのつながりを追いかけることに楽しみを覚えるかもしれない。しかし、一般のユーザーであれば、おそらく価値を感じないだろう。ナビゲーションや、人々がTwitter上で語っている最新の楽曲を教えてくれるインターフェースは使いやすいものの、iTunesやSpotify、Rdio、「Slacker Radio」、その他専用のミュージックプレーヤーを置き換えるアプリではない。つまり、Twitter #musicは目指すことを素晴らしいかたちで実現しているものの、それだけでは素晴らしいとは言えないと筆者は考えているわけである。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]