logo

ブロードメディア、Wi-Fiクラウドゲーム機の6月発売に「経営資源を集中させる」

佐藤和也 (編集部)2013年04月26日 19時03分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ブロードメディアは4月25日、平成25年3月期決算説明会を開催。そのなかで、6月に発売を予定しているWi-Fiクラウドゲーム機「G-cluster」を中心に、クラウドゲーム事業の展開についての説明が行われた。

 ブロードメディアは、Gクラスタ・グローバルと共同で日本国内におけるクラウドゲーム事業を本格的に開始する。主な展開として、B2B向けに通信事業者へプラットフォームを提供すること、ゲーム事業者へクラウドゲーム機能を提供すること、そしてB2C向けに自社によるゲームサービスを提供することの3つだ。

 通信業者へのプラットフォームを提供することについては、NTTぷららが6月からサービスを開始するひかりTVゲームに対して、プラットフォーム技術とゲームコンテンツを提供する。ゲーム事業者へクラウドゲーム機能を提供することについては、コナミデジタルエンタテインメントのソーシャルコンテンツ「プロ野球スピリッツCONNECT」の試合映像演出に採用されている。

 そしてエンドユーザー向けに直接展開するG-cluster。小型の本体をテレビに繋ぎ自宅のWi-Fiに接続するだけで、クラウド環境でゲームを楽しむことができるというもの。サーバ側で全てのプログラム処理を行い、映像をブロードバンドを通じてストリーミング配信する。

 製品の販売について、ワイヤレスゲームパッド(コントローラー)とのセットをメインとして行うとしている。なおスマートフォンやタブレットなどの端末をコントローラーとして活用することもできる。

  • ブロードメディア代表取締役社長の橋本太郎氏。左手に持っているのがG-clusterの本体

  • 販売予定のパッケージ。ゲームパッドが同梱されている

  • G-clusterの特徴

 5月下旬に行われる製品発表会でサービスなどの詳細を発表し、製品の予約を開始。6月より販売を開始する予定としている。販売方法は店頭での市販も予定し、価格についての明言は避けたが「ファミリー層に買っていただけるような、手に取りやすい値段で提供したい」(ブロードメディア代表取締役社長の橋本太郎氏)という。

会場ではデモプレイも行われた
会場ではデモプレイも行われた

 今後に向けては、すでにサービスを行っているテレビ向け動画配信サービス「T’s TV レンタルビデオ」もG-clusterで視聴できるように進め、クラウドゲームとクラウドビデオという複数のクラウドサービスで相乗効果を狙う。また、魅力的なゲームコンテンツを継続的に提供する環境を整えるコンテンツ投資と、クラウドゲームそのものを早期に認知させ、販売台数の増加につなげるための広告宣伝費をかけ、クラウド事業に対してこれまで以上のスケールで経営資源を集中させていくとしている。

-PR-企画特集